おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
零~刺青の聲~
※遡り日記


零3作目、『零~刺青の聲~』をプレイし始めました。
ちなみに、『ぜろ~しせいのこえ~』と読むらしい。
最初漢字が読めなくて、『いれずみのたけ』かと思ってたのは秘密です(笑)

3作目にはなんと、ユウという名前の男性キャラが登場するんだぜ。
しかも、主人公(プレイヤー)の婚約者なんだぜ。

俄然やる気が出てきたので、さっさとユウ(漢字は『優雨』)に会いに行ってきます!


【零~刺青の聲~プレイ日記1】


零~刺青の聲~公式サイト

●あらすじ
交通事故で婚約者の麻生優雨を亡くしたフリーカメラマンの黒澤怜(主人公・プレイヤー1)。
生き残ってしまった・・・。
そんな思いに苛まれながら2ヶ月が過ぎたある日、たまたま取材で訪れた幽霊屋敷と噂される日本家屋で、怜は死んだはずの優雨の姿を見た。
その日から怜は不思議な夢を見るようになる。
巨大な廃墟と化した日本家屋の中を、まるで誘うように進む優雨の姿。度々出てくる全身に刺青の掘られた美しい女性。そして、夢から覚めるたび、怜の全身に広がっていく刺青の様な痣。
怜はこの夢から抜け出せるのか・・・。


●登場人物
今回はプレイヤーが操作できる人物が3人いてややこしいので、紹介も書いときます。

▼黒澤 怜(くろさわ れい) 23歳♀
今作の主人公。フリーの美人カメラマンで、麻生優雨とは婚約関係にあった。
自身が運転する車の事故により優雨を亡くした事で心に傷を負っている。
身体能力、霊感共に他2名と比べると標準的だが、カメラマンだけに、射影機の特殊能力や補助能力を最大限に活かすことが出来る。
2作目(紅い蝶)に出てきた黒澤家と関係があるのかは謎。

▼雛咲 深紅(ひなさき みく) 19歳♀
零1作目の主人公で、現在は住み込みで怜のアシスタントをしている。
氷室邸の事件により兄・真冬と離別したことを今でも悔やんでいる。
眠りの家に誘われたことで、長年眠っていた霊感が再び目覚める。
霊感が強いため射影機の力を限界まで引き出せる他、小さな体を活かし、怜や螢が通れない狭い通路を通ることができる。

▼天倉 螢(あまくら けい) 26歳♂
2作目主人公・澪と繭の叔父で、若手ノンフィクション作家。
また、怜の婚約者・優雨や深紅の兄・真冬とは仕事仲間で友人関係にある。
夢に囚われた姪の澪を救うため眠りの家を調べているうちに、自身も夢に囚われた。
霊感が低く戦闘に不向きなため、『隠れる』という螢独自の固有能力を持っている他、優れた身体能力を活かし、重い障害物を退けたり、離れた足場へ跳び移たりする事ができる。

▼麻生 優雨(あそう ゆう) 故人♂
怜の婚約者で、怜の運転する車の事故により他界。
生前は螢や真冬と仕事仲間であり、友人でもあった。
射影機を発明した麻生博士の子孫でもある。


──────────


●オープニング 白昼夢
怜と優雨が事故に遭った直後のムービーからスタート。
気になってた優雨は目を閉じてた(むしろ死んでた)けど、なかなかカッコよかったです。

2ヶ月後、廃墟にて取材を行ってる怜と深紅。
1作目からやってた私にとって、深紅の再登場は嬉しいなー。
やっぱ1作目は初プレイだけあって結構思い入れあるし。

・・・と、和んでたら、怜の写した写真に優雨さんが写りこみました。
カメラを下ろしても消えないその影を追うと、何故か墓石が並んだ玄関らしき場所へワープ。
よっしゃー!優雨を追うぜ!と何故か余裕でダッシュし始める私。
途中出てきた浮遊霊をパシャパシャ撮りつつ、優雨の後を猛ダッシュでストーキング。
今までの私からは考えられない爆走っぷり!
いやぁ、名前(ユウ)効果って素晴らしい(笑)

そんな中、廊下を歩いてると背後から鉈を持った白装束の男(怨霊)が出現。
「お、早速戦闘か」とカメラを構えようとした瞬間、重大な事実に気づきました。

現在手に持ってるのは、普通の仕事用カメラ。
浮遊霊を撮影するとポイントはもらえるものの、もちろん除霊効果なし。
ちょっと!ちょっと射影機は!?射影機持ってないんですけど!!
怜早く!早く階段上って!早くドア開けてぇぇぇぇ!!!

何とか男から逃げ出し、優雨の後を追ってお社の中へ。
中に入った途端、ムービー発生。
ゆっくりと近づいてくる全身に刺青が彫られた髪の長い女性。
しかも上半身すっぽんぽんでナイスボディを晒してるというスペシャルサービス!
お姉さん見えてる!見えてるから!(笑)

ぽん姉さん(すっぽんぽんお姉様の略)に触れられる直前に画面が変わり、今度は暗い部屋の中に裸に布一枚の状態で横たわる怜の姿が。
周りを取り囲む巫女姿の少女4人が、怜の四肢に杭を打ち込もうとして───という所で現実へ。
どうやら白昼夢だったらしいけど、怜の持つカメラにはしっかりと優雨の姿が映し出されてました。
優雨の写真、ゲットだぜ!(笑)

夜になり、ベッドでうなされてる怜。
何故布団をかけないのかが気になる所だけど、それよりも、なんとけしからん色っぽさだ・・・!

そして再び昼間見た雪の降る屋敷(眠りの家)へ。
ここでタイトルがどーんと出てきたんだけど・・・そっか・・・まだ始まってなかったのか・・・。
どうりでセーブポイントでセーブ出来なかったわけだ。


●一ノ刻 「徴 ~シルシ~」
ここから本編かと思うとさっきまでの威勢はどこへやら、途端帰りたくなりました(笑)
自分を励ましながら囲炉裏の間の二階へ行き、ようやく射影機をゲット!
差し出してくれた手の持ち主が誰なのかは知らないけど、きっといい人に違いない。
それにしても、1、2作目と比べて、オープニングからセーブポイントまでが果てしなく遠く感じたぜ。

二階の回廊で覗き穴から巫女少女を撮影。
覗いてる間ドクンドクンと鼓動音が鳴り続けるのは止めていただきたい。
そんな気を遣って恐怖を増長させなくていいよもう・・・。

あと、回廊からは行けない部屋に赤い服の女性を発見。
シャッター切ったら猛ダッシュで逃げられました。
そうか、彼女は無断撮影禁止だったのか(笑)

囲炉裏の間から出ようとするとムービー発生。
「あの人を知りませんか」という声に振り返るが、そこには誰もおらず、再び扉に手をかける。
すると今度は「どこに行くの?」という子供の声。

恐る恐る下を見ると、扉と怜の間に着物姿の女の子が・・・。

ここで、今作品初絶叫。
我ながら、毎度毎度見事な叫びっぷりだ(笑)

この後、『彷徨う母娘』と戦闘に。今作品初戦闘!
今回のカメラは1作目と2作目の機能を合わせてあるのかな?
近づかなくても霊力が堪るのは1作目から、補助機能があるのは2作目からって感じ。
メニュー画面やスタート画面もそうだけど、今回はカメラの補助機能とか固有能力のボタンも今までと違うから、慣れるまでちょっと苦労しそうです。

囲炉裏の間から出ると、ムービー発生。
赤い服の女性が「私は悪くない」と呟いてるのを発見後、ぽん姉さん出現。
間一髪ぽん姉さんから逃げたところで怜が起床。
ぽん姉さんに触られたところから刺青が浮き出てきました。
コレが全身に広まると死ぬってことか。・・・神田思い出すなぁ。

折角なので、怜と深紅が住んでる黒澤邸内も探索。
ちなみに、現実世界では射影機は持ってないけど仕事用のカメラで撮影できる模様。

▼一階 ・・・ リビング、キッチン、仏間、暗室
▼二階 ・・・ 怜、深紅、優雨の部屋


仏間へ行ったら優雨の仏壇見つけて寂しくなったので、記念に一枚パチリ。
この時点ではまだ深紅の部屋に入れないらしい。くそっ!色々見たかったのに!
そうそう!深紅がルリって名前の黒猫飼ってたんだけど、その猫がまた可愛かった!
チョッカイかけたらゴロゴロ擦り寄ってきたりして、本当に和む。もちろん写真撮っときました!

リビングで深紅と話をすると、優雨宛で届いた螢からの手紙をゲット。
螢、まだ優雨が死んだこと知らないんですね。誰か知らせてやれよ(笑)

螢の手紙よると、優雨の部屋に射影機があるらしいので、早速優雨の部屋へ行くとムービー発生。
怜が机に触れようとすると、ベッドに座った優雨(の幻)が「怜、どうしたの?」と話しかけてくる。
「ごめん、ちょっと調べ物が・・・」と言いかけて、口を閉ざす怜。
そうだ・・・優雨はもういないんだ・・・。

と、いう切ないこのムービー。
・・・なんだけど、すみません。ここで思いっきり大絶叫しました(笑)
怜の気のせい(幻)とはいえ、まさかあそこで優雨が登場するとは思ってなかったんだよ・・・。
現実世界って事もあって油断しきってたから、余計にビビッた・・・orz

そういや優雨の部屋の資料に、1作目や2作目の事件についても書かれてました!
零ファンとして、これは嬉しい。

射影機ゲット後は、手に入れた写真を現像し、深紅に調査を依頼。
夢の中で手に入れた現像前の写真は、現像して深紅に渡せば色々調べてくれるらしい。
なんて素晴らしいアシスタントなんだ深紅!


夜になったので再び眠りの家へ。
そういや、夢の世界へ入る前にヒントムービーみたいなのが流れるんだけど、その途中にどうしても「オフコース!」って言ってる様に聞こえる部分があって、本気で笑える(笑)
あれ、本当は何て言ってるんだろ?

それはさておき、開始早々に例の赤い服の女性が駆け抜けていったのでストーキング。
追いかけてる途中、仕切られた部屋にあった箪笥の上の日本人形がいきなり怜目掛けて飛び降りてきやがってかなりビビりました。
落ちるなら落ちるって最初に宣言してください。

その後、封印扉の封印を解除し、恐る恐る中へ入るとさっきの彼女を発見。
座り込んでる彼女の足元に落ちてたパスポートにより、彼女の名前が滝川吉乃だと判明。
話しかけても反応がないので立ち去ろうとすると、「あなた・・・もし目が覚めたら・・・私を起こして・・・私は悪くないの・・・」と呟かれました。
さっきから「こないでぇぇぇ!」やら「好きで生き残ったんじゃないわ!」やら好き勝手怒鳴り散らしてたのが嘘みたいにしおらしくなったな(笑)

ここで怜起床。
リビングで深紅からの電話に出ると、ヨッシー(吉乃さん)の居場所が分かったとか。

▼滝川吉乃
先日起こった飛行機事故の唯一の生存者。
その事故により、家族と恋人を一気に亡くしてしまった。
発見されるまでの数日間、家族と恋人の死体に囲まれて過ごしたため、精神的ダメージが大きい。
夢に囚われてから、日を増すごとに起きている時間が少なくなっており、怜が報告を受けた時点ではほとんど目を覚ますことがない状態だった。


ムービーが発生し、ヨッシーの入院している病院へ。
ヨッシー・・・なんて幸薄そ・・・ゲッフンゲッフン、もとい、不気・・・ゴフゴフな顔で寝てるんだ。
怜が起こそうとすると、ヨッシーの体に刺青が広がり、最後には黒いシミを残して消失。
これが刺青の呪いを受けたものの末路って事ですか・・・?
ヨッシー、(怖いから)別に身をもって教えてくれなくてよかったのに・・・。

・・・と落ち込んでたら、ここでなんとスペシャルサービスシーン。

怜のシャワーシーンきた。

けしからん!これはけしからなさ過ぎる!!何だこのサービスショット!!
ぽん姉さんといい、怜といい、なんというけしからんサービス精神だ!!
何かもう、違う意味で背後が怖かった(笑)


ルリとパジャマ姿の深紅を撮影し、気合を入れて眠りの家へ(笑)
ヨッシーを捜し、前回ヨッシーが座り込んでた御簾のある座敷へ。
・・・が、ヨッシー不在。お前は繭(2作目参照)か。

その代わりに、なにやら押入れに怪しい気配が。
押入れといえば、1作目の序盤で、開けた直後に緒方さんが倒れ込んできたあのシーン。
嫌な予感がするから開けたくないのに、こういう時に限ってムービーなんだからもう・・・orz
でも、予想に反して中にあったのは人形が1体のみ。

なーんだと安心した瞬間、怜の足元にヨッシー登場。

来ると思ってたよバカ!と強がってみたけど、内心ものすごいビビった・・・。
怜が話しかけようとしたら、何やらもちゃもちゃと一人で喋り出し、最後に「アナタは違うの?」と聞いてきたので、とりあえず「アナタとは違うんです」と答えておきました(笑)

その後、ヨッシーの周りに現れた黒い影と戦闘に。
何だかものすごい雑魚だったので、適当に蹴散らしヨッシー救出!

・・・と思ったらやっぱりヨッシーも襲い掛かってきました。
病院で消し炭になった瞬間から絶対来ると思ってたよ。
そんなに強い霊じゃないんだけど、攻撃時に刺青が浮かび上がるらしく、そのアップがスゴイ怖い。
フェイタル狙いでやってるからどうしてもアップになるんだけど、出来ればもう少し離れて頂きたい。

そんなこんなでヨッシーも倒し、移動するかと思った瞬間、何故か倒したはずのヨッシー復活。
なんじゃそりゃあああ!と驚く暇もなく、ヨッシーに掴まれそうになった所で現実世界へ。
助かった!助かった!!

怜が目を覚まし、ホッと一息つくと、いきなり画面がチェンジ。

なんと、ベッド横に怜の腕を掴んだヨッシーがいらっしゃいました。

思わず無言でコントローラーを落とす私。
その隣には、攻略本をそっと床に置き、無言で私の腕を掴む妹。
あまりの恐ろしさに、二人して本気で声が出なかった・・・。

気を取り直して1階へ降りると、深紅からヨッシーの日記を入手。
眠りの家にどんどん囚われていく様子が書かれてました。
怜もこの先こうなっていくんだろうか・・・。

その後、夜になったので寝る前に家の中を探索。
家の様子がどんどん変わっていくと聞いたのでどんなものかと思って探索するものの、今まで何もなくて余裕ぶっこいてたんですが、ついに発見。

仏間に誰か立ってました。

流石零シリーズ・・・安全だと思ってた現実世界でもついに霊出現とは・・・。
やっぱり零の世界に安息の地はないようです。

スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2009/01/13 23:03】 | 零シリーズ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<井戸はヤバいです | ホーム | 必殺技名なんか叫べるわけがない>>
コメント
>ミッフェル様
そうなんです。最初に持ってるのは射影機じゃないんですよ(^^;)
私も最初、普通にカメラ構えたので、「今回は冒頭から持ってるのか!ラッキー♪」なんて思っちゃったんですが、六幻かと思ったら普通の日本刀でした、みたいな(笑)
ただ、零はカメラを持ってる時でも倒せない敵が出る事があるのでご注意ください。

ちなみに、私の感覚ではありますが、零は3作目が一番難しいのではないかと思います(^^;)

男女の一卵性双生児。
稀に誕生する事があるんですね~!
初めて知りました!
気になって調べてみたのですが、世界でも3例ほどしか確認されてない珍しいケースだそうで、まさに双子の神秘って感じですね。
教えていただきありがとうございます(≧▽≦)

体調の方はやはりまだ優れないみたいで・・・。
試験やレポートで疲れが溜まってるのもあるかもしれませんし、休めるときにゆっくり体を休めてあげてくださいね。
早く善くなることをお祈りしますm(_ _)m
【2009/01/24 10:29】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
買ったものの少しプレイしてできるかぁ!!になった零でしたが・・なるほど・・何か攻略が見えた気がします。
射影機まだもってなかったのに鉈男(なたお(笑))が出たのでこれは倒さないとと思い挑んでたのがそもそもの問題でした。
もうね武器持たずに挑むなんて無謀にもほどがあるでした。
さながら神風特攻のそれか、イノセンスを持ってない生身の一般人がノアやアクマに突っ込んでくみたいな・・(苦笑)

次やる時は逃げ切って手に入れにいきます(遠い目)
零を初期からやらず三作目からやりだしたがゆえの失敗でしょうか・・。

双子といえば男女でも一卵性の場合があるそうです。同性の双子のそれに比べるとはるかに稀だそうですが。

体調の方は雨のせいで微妙ですが何とかというレベルです。昨晩は疲れすぎてたのか携帯いじったまま力尽きて寝ましたけど
【2009/01/22 16:43】 URL | ミッフェル #8kSX63fM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/748-8a17bc1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。