おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
どう考えても跳びすぎです(笑)
※遡り日記


続きから零プレイ日記。
十ノ刻後半です。


【零~刺青の聲~プレイ日記11】


●十ノ刻 「刺魂ノ儀 ~シコンノギ~」 パート2
十ノ刻(主人公:螢)の途中からスタート。
今回は、前回の最後に開いた仕掛け扉の奥へ。

中へ入ると、「お兄ちゃん・・・お兄ちゃん・・・」という少女の泣き声が。
なかなか可愛い声で泣いてくれてるけど、ロ○コンな趣味を持つ方へのサービスですか?(笑)
何気に2作目のちーちゃん(立花千歳)思い出すなぁ。

声の主を探す前に、書物蔵の二階に通じてたみたいなので、資料を5つほどゲット。

▼破戒ノ文書
『巫女ノ柊ハ 砌ノ蛇目ヘ映シ 無目ニテ 戒ヲ穿ツ可シ
巫女ノ無目二 刺眼ヲ刻ミシ時 無目ハ蛇目トナリテ 総テノ柊返サレ 戒破レテ 巫女目覚メ 門開キテ 棘獄ヨリ狭間溢レ出ル
溢レ出シ狭間 寝目ヲ通リテ 憂世二溢レ 忌目ト成リテ 想ヒヲ喰フ』

▼見切リノ文書
『役儀ヲ終エシ 刺青ノ巫女ハ 柊映セシ蛇目ヲ以テ 涯ヘノ扉ヲ開ク可シ
柊映シシ砌ノ蛇目 砌ノ祠二於テ 己ガ手ヲ以テ砕キ 想ヒ流ス可シ
想ヒ流レシ 刺青ノ巫女ハ 終ノ路ヲ通リテ 奈落ヲ潜リ 棘獄二篭リテ 久遠二眠ル』

▼祓イノ灯火文書
終ノ路が開くと、狭間に瘴気が満ちる。
瘴気が満ちた状態の中では、人の魂魄は眩く匂い、怨霊達を呼び寄せる。
『祓いの灯火』の青い炎を照らせば、瘴気は鎮まる。

▼紫魂ノ儀文書
巫女に柊を納めに来た者は、生き血と死に血の朱と藍を混ぜた『紫魂ノ墨』を使って柊を刻む。
そうする事で、その柊を巫女へと移し、想いは流れる。
柊を刻んだ後の墨は、『涯ノ流水』を使って流す。

▼逆身剥ギ文書
この世に想いを残し、寝目に入れない巫女は、刺青を逆剥ぎして涯に流す。
逆剥ぎした刺青は、鎮メ石の祠に祭り、鎮メ唄を唱歌して、柊が涸れるのを祈る。
寝目に入れない巫女は、柊を背負うのに耐えきれず、忌目に囚われ狭間に落ちる。


あの刺青、生き血と死に血を混ぜて作った墨で彫られてたのか・・・。
しかも、眠れなかったら身を剥いで殺されるなんて、なんと残酷な・・・。
衝撃的な事実が一気に明らかになって、何とも言えない気分です。

気を取り直して、これ読んでる間も只管エンドレスリピートしてた「お兄ちゃん・・・」の声の主を捜索。
二階のこの部屋には見当たらなかったので、真ん中にある階段から三階へ。

・・・の途中でいきなりフィラメントが反応。
声の主出現か?と思いカメラを構えると、二階と三階の隙間からゴッキーがこっちを眺めてました。
多少大きな声を上げてしまった気もするけど、浮遊霊だったので撮影して三階へ。

上がってすぐの衝立の裏で声の主・巫女少女を発見!
「お兄ちゃん・・・」って事はこのミツアミの子が雨音ちゃんか。
撮影すると、ついに『祓いの灯火』ゲット!
これであの恐ろしい白黒画面から抜け出せる!!

久しぶりのカラー画面にウキウキしながら、奥の扉から屋根の上へ。
これはもしかして噂の・・・?と思いながら屋根の淵へ。

『少し距離はあるが、高ささえ気にしなければ跳んで渡れない距離でもないだろう。』

・・・少し?
どう見ても螢さん3人分はあろうかというこの距離を『少し』と申すんですか・・・?
軽く5mはありそうなこの距離を、ロクに助走も出来ないこの屋根の上から跳ぶと・・・?
いやいやいや、どう考えても無理だろ!

しかし、それ以外選択肢はなし。
「跳び移りますか?」 → 「はい」

そしてついに、螢のスーパージャンプ発動。

・・・跳んだ・・・!本気で跳び移りやがった!
しかも、助走1歩分しかない状態で、2歩目でピョーンと・・・!!
ちょっ・・・カッコよすぎだろ螢!
お前、どんだけ跳ぶんだよ!(笑)

そういえば屋根に出た瞬間、向こうの屋根を歩いてる着物姿の男性(恐らくかなめさんだと思われる)が見えたんだけど、彼もここを跳び移ったって事ですか?
しかも、着物姿でそれを成し遂げたって事ですか?

何だかもう、カッコよすぎる男性陣に、腹筋が崩壊寸前です(笑)

渡った先の屋根からお社(刻宮)へ侵入。
屋根から屋根裏へ入って、アイテムを数点ゲット。
・・・何故だろう・・・ホラーゲームというより、泥棒ゲームやってる気分になってくる(笑)

1階へ降りると、なんだか人型に盛り上がった挙句、針がたくさんブッ刺してあるモノを両側に発見。
零ってどうしてこう人型の盛り上がりを大切にするんだろう・・・。
起き上がってきそうで怖いじゃない・・・orz
とりあえず、奥の祭壇前に落ちてる文書をゲット。

▼刺魂ノ儀文書
『彼ノ岸 此ノ岸 隔テシ想ヒハ 寝目ヲ通シテ涯二至リ 常夜海 揺リ満ツ
隔テシ想ヒ 柊トシテ 刺青ヲ以テ 巫女ヘト刻ミ 刺魂ノ儀ス可シ
柊刻ミシ 刺青ノ巫女ハ 其ノ柊ヲ己ガ寝目トシテ背負ヒ 常夜海 鎮ム』


祭壇に書かれてる文字が何だかとっても怖いのですが・・・。
『巫女ノ柊ヲ刻ミシ 蛇目ヲ供エヨ』
まさか、巫女の目玉持ってこいなんて話じゃないよね・・・?
どうか比喩表現である事を祈ります。

祭壇の文字を読み終わった瞬間、刻ミ女×2体が出現し、強制戦闘に。
フッフッフ、そんな事もあろうかと前回14式80枚拾ってきたわい!(笑)
14式80枚と強化レンズを駆使して何とか撃退。

刻宮から出ると現実世界へ。


深紅からの資料は前回貰ったので、とりあえず手に入れたフィルムを現像。
夜になると、どこからともなくあの鎮メ唄が・・・。
声を頼りにリビングへ降りると、またもや深紅が唄っておられました。

・・・って、うおおい!何で深紅の横に雨音ちゃんがいらっしゃるの!?
とり憑かれてるぞ深紅!!

深紅に話しかけると、「誰かに・・・呼ばれてる気がして・・・」とポツリ。
あー・・・どっかで聞いたよね、こういうコメント。
誰かに呼ばれてる気がしたからとフラフラ自由行動して妹を振り回した子が2作目にいたよね(笑)
とりあえず、『気がして』ってだけなら気のせいって事にしとこうぜ深紅ちゃん。

あと、ここで少し深紅の告白が聞けました。

「兄さんを・・・あの場所に残して・・・一人で帰ってきたんです・・・」

怜に『あの場所に』なんて言うって事は、深紅も怜が同じ夢見てるって知ってるんですね。
今までハッキリとした描写がなかったけど、これでようやく判明したって感じかな?

怜の手帳には『「雨音」の言葉だったのだろうか。それとも彼女自身の言葉だったのだろうか。』って書いてあったけど、これは1作目やってる人からしたら後者だよなーって思う。

氷室邸に真冬兄ちゃんを捜しに行って、でも真冬兄ちゃんは霧絵と共に残ると言い出して・・・。
・・・残してきたっていうか、言ってしまえば、勝手に真冬兄ちゃんが残っただけなんだよなぁ。
でも深紅は、自分も残らなかった事を・・・兄を引き止めなかった事をずっと悔んでるんですね。
切ない話だ・・・。


とりあえず、十ノ刻はここまで。

スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2009/02/05 23:51】 | 零シリーズ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<第60話 「題名ータイトルー」 | ホーム | 高所恐怖症の治し方>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/771-ecbeefec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。