おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
深紅ぅぅぅぅ!!!(泣)
イラスト今日こそ仕上るぞ!

・・・と、意気込んだはいいものの、パソコン立ち上げてる最中にウッカリ寝てました。
最近ちょっと夜更かししてたからなぁ。

すみません。また暇をみて仕上たいと思います。


続きから、この間から書こうとしてた零プレイ日記です。


【零~刺青の聲~プレイ日記13】


●十一ノ刻 「終ノ路 ~ツイノミチ~」 パート2
十一ノ刻(主人公:深紅)の途中からスタート。
囲炉裏の間(皆神村)で真壁先生と対戦した辺りから。

前回宣言したとおり、気が向いたので真壁先生に再挑戦してみました!
ふと思い立って、今まで一度も使ってなかった61式を使ってみた所、思いっきり余裕で勝利(笑)
前回のあの苦労はなんだったんだろう・・・。もっと早く61式使ってみれば良かった。

さて無事真壁先生も倒せたので、一旦現実世界へリターン。
深紅から資料を入手し、再び眠りの世界へ。
アイテムとかリセットされたので、祭壇へ向かう前に屋敷内のアイテムを回収。
ついでに、螢の時に拾ったフィルムも鑑賞。

・・・なんて、のんびりしてる場合じゃないんだった・・・orz
十ノ刻以降はタイムリミットがある事をすっかり忘れてました。

案の定、途中で祓いの灯火が消え、白黒画面にチェンジ。
それでも、少しくらい大丈夫だよね?なんて甘い考えの元、先へ・・・・・・・

・・・進もうとしたら、消えてから3秒くらいでぽん姉さん出現しやがった。

待ってましたと言わんばかりの素早い登場にビビリ、思わず自らぽん姉さん目掛けてダッシュ(笑)
深紅は防御力が低いのもあって、思いっきり死にかけました。
ビビッタ時の操作間違いって本っっ当に怖いものです。

もう二度と命の灯火(祓いの灯火)は絶やさねぇ。

気を取り直して、『戒ノ儀文書』を書庫の祭壇へ納めると、三階にある扉の鍵が開いた様子。
これで漸く美人巫女さんに会える!と意気込んだものの、肝心の牢の中は空っぽ。
ふ・・・ふふ・・・どうせこんな事だろうと思ってたよ・・・orz
美人巫女さんの代わりに、『砌の鏡』というアイテムと、刺青模様の日記をゲット。

▼刺青模様の日記1
『父も、母も、弟も、みんなみんな向こう側へ渡ってしまった。
私だけ、残ってしまった。要さんと行けなかった、あの時のように。
久世のお宮様からお迎えが来られた。引き受ける者がいない柊を持つ者が巫女となり、生肌断ちをすれば、同じ痛みを持つ多くの人々が救われるのだと。
でも、一度巫女となり、柊を刻まれると、もうお宮様の外には出られない。
村の全てが無くなってしまった。父も、母も、弟も、みんないなくなって、私ひとりだけで生き残ってしまった。もう、私には何も残されていない。もう逢わないと決めてしまえば、それで私も久遠に眠ることができる。たくさんの同じ痛みを救うことができる。』


これは文面から察するに、れいかさん(ぽん姉さん)の日記ですね。
村の全てがなくなって、そんな中一人だけ生き残ってしまった・・・。
れいかさんにも辛い過去があったんですね。

今までの話を繋げると、れいかさんは刺青ノ巫女になるため、要さんとはもう会わないと決めたけど、要さんは雨音ちゃんに頼んで会いに来てくれたって事か。
でもその時に、恐らく要さんが殺された事を知ったとかで破戒が起こってしまった・・・。
なんか霧絵(1作目)を思い出すなぁ。

読み終わると、雨音ちゃんが現れ、「お社の奥に・・・」とポツリ。
お社にあった祭壇にこの鏡を納めろって事かな?
『蛇目』なんて書いてあるからビビってたけど、巫女の目玉じゃなくて良かった。

お社へ行くと、千手観音(久世家当主)と戦闘に。
この当主、歴代当主の中で一番弱いけど、歴代当主の中で一番出てくるなぁ(笑)

そうそう!途中うっかりミスで当主の攻撃受けちゃったんだけど、なんと深紅が大量の手に掴まれ身を捩るという素晴らしきサービス映像が!
あまりのエロさに、思わず自らワンモア(笑)
2回見てもやっぱりエロすぎたので、さらにワンモア(爆)
いやぁ、あの手はヤバいだろ!深紅の太もも、しかも、際どい部分掴んでたぞ!
怜のシャワーシーンといい、上半身裸なぽん姉さんといい、3作目のエロサービス精神に脱帽です!

当主撃退後、祭壇に鏡をセットし、御簾の仕掛けを解除。
奥にある『奈落』と呼ばれる場所へ。名前からして嫌な場所だなぁ・・・。
長い螺旋階段を下って行くのが、何とも地獄へ向かってる気がして嫌になってくる。

辿り着いた先(最下層)は、積み上げられた石が何とも賽の河原を彷彿とさせる場所でした。
・・・って、ふおおおう!!??

雨音ちゃんが四肢に杭を打たれて貼り付けにされてる!

『咎打ち』ってこういう事か!
雨音ちゃんは要さんをここへ入れてしまったがために、こうやって他の鎮女達に殺されたんですね。
そういえば、鎮メ唄にも『四肢に木穿って』なんて歌詞あったなぁ・・・。

そこへ、雨音ちゃん殺害実行犯・・・もとい、他の鎮女3名が出現し、戦闘に。
巫女少女2体でも苦労したのに、今度は3体・・・零スタッフ容赦ねぇな!(笑)
でも前よりかなり簡単に撃退に成功。・・・あれ?巫女たち、弱くなった?

何はともあれ、扉があったのでその先へ。どうやらこの扉の先が『終ノ路』らしい。
そこで、奥へと進む要さんを発見。
ファインダーセットすると、何とその姿が真冬兄ちゃんに!

『お兄ちゃん・・・』  「兄さん・・・」  『要お兄ちゃん・・・』  「真冬兄さん・・・」
『行かないで・・・』  「それ以上・・・」  『そっちは・・・』  「そっちはダメ・・・」

被ってる!雨音ちゃんの声と深紅の声が被ってる!!
もしかして深紅と雨音ちゃん、2作目の繭と紗重みたいな状況になってるのか?

とりあえず、お兄ちゃんの後を追い、奥の扉へ。
ここで、「私も・・・そっちに・・・一緒に・・・」という深紅の声とともに現実世界へ。


深紅が心配なので、深紅の部屋へ向かうとムービーが発生。
「怜さん・・・私たち、死ぬんです・・・」と膝を抱える深紅。
そして、深紅の全身に広がっていく赤い刺青。
「分かったんです。この刺青は・・・私が生きている罰なんです。私・・・あの時から・・・生き延びて・・・生き残って・・・だから・・・」

刺青が広がると、生き残った事に対する罪悪感が増していくんですかねぇ?
ヨッシーも「私が生き残ったのが悪い」なんて言ってたし。
ムービー終了後に深紅に話しかけると、兄に対する思いについて聞けました。

小さい頃から『ありえないもの』が見えた深紅を分かってくれたのは真冬だけだった。
あの氷室邸の事件で、真冬は縄の巫女と一緒に奥に残り、深紅だけが戻ってきた。
でも、そんな真冬だからこそ好きで、せめてずっと想っていようと深紅は誓った。
けれど、記憶はどんどん薄れていく。
だから、夢で真冬を見た時、もう一度逢いたいと、このまま忘れるくらいなら共にいきたいと・・・。
「死んだ人への想い・・・真冬兄さんへの・・・想いは・・・残された私は・・・忘れなければ・・・忘れることでしか・・・生きていけないんでしょうか・・・」

あまりの切ない攻撃にどうしようかと思った・・・。
生きていれば、昔の記憶はどんどん薄れていく。どんどん忘れていってしまう。
仕方ない事だと分かってても、こればっかりはすぐに割り切れる事じゃないよね・・・。

あと、優雨が死亡したあの事故についてもポツリ。
深紅曰く「あの事故は怜さんのせいじゃないんですよ・・・」との事。
思わずスゴイ深読みしてしまったんだけど、結局どういう事なんだろう?


とりあえず、まだ夜なので再び就寝。
冒頭のムービー前に怜が一言。
「ねぇ・・優雨・・・私、本当に生きてていいの?」
怜もずっと答えを見つけられずにいるんですよね・・・。

さて、引き続き深紅が主人公で、今回は氷室邸玄関からスタート。
ムービーで縄殿が見えたので、そちら方面へ向かいます。

いけすの間へ入ると、奥の扉の前に真冬兄ちゃん発見!
急いでシャッターを切ると、真冬兄ちゃんと共に窓からぶら下がってる手まで撮れました。
わお・・・何たる偶然の心霊写真(笑)

縄殿へ入ると、縄の巫女と戦闘に。
コイツとは何度も戦ってるので、とりあえず普通に撃退。
氷室邸へと続く扉の前で「戻らなければ・・・」と言う深紅の背後に、再び真冬兄ちゃんが!
奥の扉に入ってったけど、真冬兄ちゃんは深紅に来いと言ってるんでしょうか?

実はここで分岐ルートになってるらしいけど、奥へ向かうと明らかに深紅が死ぬ気がする。
でも、折角だし・・・と思い、真冬兄ちゃんを追い奥の扉へ。
1作目で出てきた鳥居の立ち並ぶ通路にてムービー発生。

奥へ向かう真冬を追う深紅。
途中で振り向くが、再び奥へと向かって歩き出す真冬。
おぉ・・・まさかここで真冬兄ちゃんのアップ出してくれるとは思ってなかった・・・!
相変わらずイケメンだなぁ。

兄の背を追い、走り出す深紅。
すると、ここで深紅と怜が分離!
深紅の夢を怜が知ってたのはこんな風に怜が深紅の中に入ってたからだったのか!

兄を追う深紅。そして、深紅を引きとめようとする怜。
深紅と真冬が氷室邸へ来た時の事が走馬灯の様に流れていく・・・。

・・・って、うぉい!回想シーンに『真冬兄ちゃん生き残り(ナイトメア)ED』のシーンあったぞ!
思わず、「そのシーンあるなら兄ちゃん生きてるじゃん!」とか突っ込んでしまった(笑)


現実世界へ戻ってもまだムービーは続行。
目を覚ました怜は、刺青の痛みも気にせず深紅の部屋へ直行。
すると、深紅のベッドの周りに大勢の霊(刻ミ女)が立ってました。
怖ぇ・・・このかごめかごめ状態、ありえないくらい怖ぇ・・・。

そして、朝になっても深紅は目覚めず、体に浮き出た刺青もそのまま・・・。
・・・えーと、これは深紅死亡フラグですか・・・?
やっぱりあの時真冬兄ちゃんを追っちゃいけなかったんだろうか・・・。

などと考えてたら、玄関のチャイムが鳴り、ついに螢が黒澤家へ!

螢!螢!!待ってました!
まずは、目覚めない深紅の部屋へ。
・・・って、ちょっと何やってんですか怜さん!!

なんで螢の肩にコツンって頭預けてるの!?

いきなりの螢怜フラグに、うっかり思いっきり噴き出しました。
優雨怜・・・あ、今気づいたけど優雨と怜の名前繋げると『ユウレイ』になるんだ(笑)
・・・いや、それはどうでもいいとして、これって優雨怜じゃなかったんですか!?
ビビった・・・マジでビビった・・・(笑)

とりあえず、リビングへ移動した二人。
ぐったりと放心してる怜に、「怜、まだ望みはあるかもしれない」と励ます螢。

・・・もう一度書きます。

「怜、まだ望みはあるかもしれない」

・・・ちょっと螢さん、なんで初対面でもう呼び捨てなのかその辺もう少し詳しく(笑)

あぁもう、深紅が大変な事になってどうしようって時になんて萌える事してくれるんだ!
優雨が死んで、深紅も目覚めなくて、そんな時に頼りになる男性登場。
そりゃ落ちますよ(笑)

腐視点感想はさておき、螢からいろんな話を聞けました。
まず、あきと様(ニイナエさん)の本名が『柏木秋人』だと判明。
どうやら深紅がくれた『眠り巫女(鎮メ唄)』についての本は、秋人さん著だったらしい。

次に、刺青ノ巫女の四肢を『刺青木』という杭で穿てば、破戒によって開かれた『くもん(黄泉の門)』を閉じ、巫女を眠らせる事が出来るかもしれないという事。
要は、次の刻で『刺青木』を4本探してこいって事か・・・。

あと、澪と繭の話や優雨の件についての謝罪なんかも聞けました。
優雨の死を教えなくてこちらこそすいません(笑)

さて、螢の話も聞き終わったので、螢のいう『眠り巫女』のテープを優雨の部屋で入手。
あの『鎮メ唄』には第三節があったらしい。

▼鎮メ唄 第三節
ゆきなさよ はたて
ゆきなさよ はたて
ゆきぶね ゆらして はたて
このきし ひらいて はたて
ろうろう みわたり かのきしに
しせい わたして なくが てあげ


何だか一気に悲しい歌詞に変わったなー。
優雨のノートにも『弔いの唄に聞こえる』と書かれてたし。
一応テープも聞いてみたけど、なんか雰囲気も違って聞こえました。

そのテープを螢に渡すと夜に。
リビングへ行くと、ソファで螢が眠ってる姿を発見!
泊まってるのにもビックリだけど、それより何より、何故にソファ?
せめて布団くらい敷いてあげようよ(笑)

ついでに家の中も探索。
深紅の寝顔写真に収めとこうと思ったら、奥の棚からマリが落ちてきました。
零シリーズってマリが転がってくる演出多いなぁ。
地味にビビるから止めていただきたい(笑)

あと、仏間にて暴走特急乳母車OBABAの影を見ました。
まさか彼女までこっちに進出してきてたとは・・・。
そういえば、このおばあちゃんは一体何者なんだろう?
サイドストーリーもないし、どんな因縁であの家にいたのか気になるなぁ。

一応これで十一ノ刻終了。



ちなみに、真冬兄ちゃんを追わないルートもやってみました。

とりあえず玄関まで戻ったけど、何故か玄関は開かず。
仕方なく縄の廊下から眠りの家へ行こうとすると、背後にぽん姉さんが出現!
「誰も助からない・・・決して・・・」
ぽん姉さんの声が響き、現実世界へ。

・・・って、この後の展開全然変わってないじゃん・・・orz

深紅は結局眠ったままなんだけど、EDが違ってくるんだろうか・・・。

スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2009/02/10 23:08】 | 零シリーズ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<螢ぃぃぃぃ!!!(泣) | ホーム | ポケモンと仲良くなる方法!?>>
コメント
>ミッフェル様
奏者ノ資格、結局私は2周目のエシ戦で止まってますが、それ以降も色々と神アレの素敵場面が見れるらしいですね~(^^)
また頑張ってくださいね☆
私もまたやる気が出たら頑張りたいと思います(笑)

零。
深紅の部屋の人形はかなりグングン伸びて、ついに伸びきったらしく、最終的にお尻の真ん中~超えたくらいまで伸びました。
座ってる状態で、床(タンスの上)に髪が付いてます。
ここまで伸びて、何も反応しない深紅の方が怖かったり(笑)

ちなみに深紅の分岐ルートですが、結局どっちを辿ってもエンディングには影響しないそうです。
その時の映像というか、展開がちょっと変わるだけらしいです。

それにしても、あそこで回想のナイトメアEDはないですよね~(^^;)
兄ちゃん生きてるEDの映像があるなら、兄ちゃん普通に今も生きてるだろ!みたいな(笑)
恐らく真冬兄ちゃんとも思い出シーンの映像が少ないから使われたんでしょうけど、思わずちょっと笑っちゃいますよね(^^;)
【2009/02/15 21:46】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
そうでした。奏者ノ資格楽しみは二週目からですよね。
そういいつつスチルというかギャラリーは何週もやらないと埋まらないので頑張ります(苦笑)
アレン好きすぎる神田みたいのもありますが。

最近はまたようつべで色々動画見てたりしますがだんご大家族がツボでした。

そして零こえーですね。OBABAも来るんですか・・深紅といえばこの辺りになってくると例の人形の髪は凄まじいことになってるのではと思ったり・・
ルートは追うと追わないで違うのか地味に気になりますがどうなんでしょうね。これまでは難易度の違いでしかED変化なかった気がしますが。
回想にナイトメアEDがってそれお兄さん生きてるやんですよね、本当。ホラーのくせに何でお笑い方面の突っ込みさせるんだ・・ただ恐いだけじゃないのが零クオリティなんでしょうか。
【2009/02/12 10:19】 URL | ミッフェル #8kSX63fM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/776-c6a5d5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。