おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
螢ぃぃぃぃ!!!(泣)
Dグレについて嬉しい噂を聞きました。
実際に確かめた訳じゃないから、まだ書かないほうがいいか・・・な?

また情報が分かり次第、日記で書きたいと思います。


続きから零プレイ日記。


【零~刺青の聲~プレイ日記14】


●十二ノ刻 「戒ノ儀~カイノギ~」
今回は螢のターンです。
前回は刻宮から出た瞬間終わったので、刻宮の前からスタート。
十一ノ刻で話してたように、巫女の四肢を穿つ為の『刺青木』を探さなければいけないらしい。
どこへ行けばいいのかサッパリですが、『穿つ』といって最初に浮かぶのは鎮女ちゃん達。
なので、まずは人形の祭壇まで行ってみることに。

箱庭を囲む回廊へ戻ると、何故かぽん姉さんがウロウロ徘徊中。
・・・あれ?まだカラー画面なんですが・・・。まだ灯火消えてないんですが・・・。
襲ってくる気配もないし、浮遊霊かと思い、とりあえず後姿を一枚パチリ。

しかし次の瞬間、猛ダッシュで螢に急接近。

おおおお前ふざけんなよ!白黒画面じゃないのに襲ってくるのは卑怯だろ!!

この後、混乱した私はそのまま逃げればいいのに何故かリセット。
十二ノ刻冒頭からやり直し、ぽん姉さんを撮影せずに、姉さんとは逆側の人形の祭壇(東)へ。

・・・これが運の尽きでした・・・。
後々、もう戻れない所まで進めてから気づいたんですが、どうやらこのぽん姉さん、ポイントは入らないものの、霊リスト完成に関与してたらしい。
一回撮影に成功してるのに何故かリセットして逃げたバカはどこのどいつだい?私だよ・・・orz

気を取り直して、人形の祭壇(東)へ入ると、祭壇に灯火と影を利用した仕掛けを発見。
仕掛けを解除すると、読み通り『刺青木1』をゲット!
これを後3回も・・・蝋燭の仕掛け、スゴイ苦手なんですけど・・・。

とりあえず次へ行こうとするも、扉が開かず、巫女少女と強制戦闘に。
ファインダーを構えた瞬間にアップで見えたあのデコ具合からして水面ちゃんか。

・・・って、うおぉい!何で空飛んでるの!?

今までそんなバタフライ攻撃(空中掴み攻撃)してこなかったじゃん!
徒歩でこっち向かってきて杭をカーンだったじゃん!
真壁先生といい、鏡華さんといい、3作目はバタフライ攻撃してくる奴が多いな・・・。
どっかにこの技の秘伝マシンでもあるんじゃないかと思うくらいです。
『みなもは そらをとぶを おぼえた!』みたいな(笑)

しかも、こっち目掛けて飛んでくるときの顔が超笑顔。
流石天然鬼畜少女・・・「早く巫女様を穿ちたい」なんて言ってるだけあるぜ・・・。

水面ちゃんを撃退後は、そのまま右周りに遠い所から刺青木を回収してくる事に。

まずは、囲炉裏の間から行ける人形の祭壇(南)へ。
ここは前に雨音ちゃんの日記が落ちてたから、雨音ちゃんの場所なのかな?
特に何も起こらなかったので、『刺青木4』を入手し、次へ。

次の部屋へ向かう途中、着物の間でまたもや鏡華さん出現。
この人、螢のターンの時はほんっとよく出てくるなぁ(笑)
今回も見事なバタフライ攻撃&エクステアタックを見せてくれました。

▼紫の表紙の日記3
『秋人様は帰つてこない。みんな、私を置いて屋敷を出て行つてしまふ。
いつも、私だけが残される。ここで、髪を梳きて、待ち焦がれて。
どんなに髪を梳かしても、どんなに想ひを集めても、あの人は帰つてこない。
あの耳飾りも、あの子も、あの人へ想ひを伝えてはくれぬのだらうか。』


とりあえず、髪の束を壁に貼りつけてるのがいけないんじゃないかな。
本当に、何故あんな事しようと思ったのか・・・。

さて、着物の間の先の柵の廊下へ。
ついでに、出てすぐの押入内にある万葉丸もゲットしとこうと扉をオープン。

ふぉう!何でそんな所に隠れてるんだよ梢ちゃん!!

ずっと出てこないからすっかり忘れてたけど、そういや彷徨う母子なんて方達もいましたねぇ。
まさかここに来て梢ちゃん(浮遊霊)との再会が用意されてたとは。
色んな意味でビックリサプライズでした。

階段を降りて、木像の間へ向かいま・・・・・・あれ?
木像の間入口付近の鏡に刻ミ女が映ってるんだけど、鏡越しにはちゃんと見えてるのに、実際立ってるであろう場所には姿が見えない・・・。
とりあえず鏡に向かって一枚撮ってみるものの、反応もポイントもなし。
無視しようかどうか散々迷った挙句、試しに鏡ではなく、恐らく彼女が立っているであろう場所に向かってシャッターをきると、なんと撮影に成功!
鏡の中にいるんじゃなくて、鏡に映ってたけど実際見えてなかっただけだったのか。

撮影に成功すると、刻ミ女と戦闘に・・・・・・って、ちょっと待って!ちょっと待って!!

祓いの灯火消えやがったあああ!!!

いやいやいや!そこは空気読んで、せめて戦闘終わるまで持てよ!
刻ミ女と戦ってる最中にぽん姉さん出てきたらどうしてくれるんだ!
死ぬだろバカ!バカ!!(←超必死)

文句言ってても仕方ないので、泣く泣く刻ミ女を撃退。
妹が木像の間に灯火が落ちてるというので、猛ダッシュでゲットしました。
最初見た時はあんなに怖がってた吊り下がってる人型の袋もなんのその。
大きな恐怖の前にはあんな人袋ごとき、ただのインテリアにしか見えません(笑)
はー・・・ぽん姉さん出てこなくて良かった・・・。

その先の人形の祭壇(西)で、『刺青木3』をゲット。
ここも何も出なかったので、最後の1本を取りに、箱庭を囲む回廊へ戻り、脇道にある人形の祭壇(北)で最後の1本『刺青木2』をゲット。
これで4本の刺青木が揃いました!

そして、ついにお社の奥・・・奈落の最下層を目指します。
奈落の螺旋階段、なんか深紅で降りた時よりかなり短かったなぁ。

奈落の底にたどり着くと、千手観音・・・もとい、久世家当主が出現し戦闘に!
彼女とも本当によく会いますねぇ。
動きは大体見切ってるので、軽く撃退。
当主っていうと毎回大ボスだったんだけど、もしかして彼女も大ボスだったんだろうか・・・(笑)

さて、先へ進みます。
奥の扉を開けると、何か広い場所に出ました。
・・・あれ?深紅の時は橋があったのに・・・またワープしたのかな?

奥にある建物に入ると、ムービー発生。
アップの螢がいやにカッコよくてどうしようかと思った(笑)

瘴気が立ち籠り、体が重くなる建物の中。
そこで螢が見たモノは、何十体もの歴代刺青ノ巫女達。
四肢を穿たれ、磔にされた巫女たちの死体。
目を開けたまま、腐乱する事もなく・・・。
死んでるはずなのに、生前と変わらない姿を保ち、永遠に眠り続ける・・・。
これが刺青ノ巫女の『眠り』なんですね・・・。

そんな中、最後の刺青ノ巫女・・・れいかさんをついに発見!

・・・って、もう四肢に刺青木穿ってあるじゃん・・・orz

何だこの無駄骨でした展開は・・・。
つまり、他の方法探して出直してこいって事ですか?
ふ・・・ふふ・・・さっきまでの苦労は一体・・・orz

そして、なおも続くムービー。

呆然とする螢の目の前で、れいかさんの四肢に刺さった刺青木が勝手に抜け落ちていく。
急いでこの場から逃げ出そうとする螢。
しかし、扉が勝手に閉まって───────


ここで現実世界へ。
すごく嫌な予感を抱え、ダッシュでリビングへ。

そして、ソファを見て愕然。

螢が消し炭になってる・・・orz

ないわー・・・この展開はないわー・・・。
もう泣いてもいいですか?

深紅は目覚めないだけだったのに、何で螢は消し炭にしちゃうんだよ・・・。
刺青ノ巫女に接触しちゃったから?
それとも、あの場所で捕まったのがいけなかったんだろうか・・・。

あと、澪は!?螢が死んだら澪はどうなるの!?
あぁもう、本当になんだってんだよー・・・orz

1作目の真冬兄ちゃん、2作目の樹くん、そして今作の優雨と螢(真冬兄ちゃんも)。
何でこうも零の男性陣は生存率が極端に低いのか・・・。
まさかの鬱展開に、かなり凹んでます。


螢が最後に残してくれたノートによると、どうやら鎮メ唄がキーになっているのではないかとの事。
第一節、第二節が『巫女を眠らせる』唄であるのに対し、第三節は『巫女を送り出す』唄になっている。
『巫女をあちらの世界へ渡す』事が出来れば、あるいは・・・。

・・・そっか・・・巫女を渡すのか・・・へー・・・(テンションだだ下がり中)

ノートを読み終わると夜になりました。
まずは、ノートと一緒に発見したテープを再生。

おぉ!これ、要さんの証言テープだ!
要さんの本名は『乙月要』っていうのか。
要さんもあの夢を見ていて、そこでれいかさんを見て、あの家に戻らなくてはと決心したらしい。
れいかさんに会いにきたってのはそういう理由があったのか。

テープを聞き終わると、霊石ラジオが誰かの声を受信。
声をたどると、深紅の部屋から天井裏へ上れることが判明。
天井裏へ行くと、あの牢に入ってた美人巫女さんの浮遊霊が出現!
会いたかったよお姉さん!!

美人巫女さんが立ってた辺りを調べると、『響石の耳飾り』を発見。
・・・って事は、あれ?もしかしてあの美人巫女さんってれいかさん!?
上半身裸という素晴らしい格好でウロついてくれたり、実はかなりの美人さんだったりと、なんと素晴らしきラスボスなんだれいかさん(笑)

その後、怜のサービスショット(シャワーシーン)を堪能。
いざ(恐らく)最後の決戦へと挑むため、自室へ。

・・・って、うおおい!そこで何やっとんじゃお前えええええ!!!

イスがずれてるから嫌な予感がしてファインダー構えたら、机の下に膝抱えた女性が・・・!
しかも撮影したのに消えないしさ・・・。
恐る恐る近づくと、今度はいきなり這い出てきやがった。

今の絶対ゴッキーだろ!四つん這いで這い出てくる奴なんてアイツしかいねぇ!


はぁ・・・今回の刻は何だか妙に疲れる刻でした。
・・・螢・・・深紅・・・澪・・・。
皆助かってくれるといいんだけど・・・。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2009/02/11 23:01】 | 零シリーズ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<犠牲があるから救いがあんだよ(by神田ユウ) | ホーム | 深紅ぅぅぅぅ!!!(泣)>>
コメント
>蓮様
Dグレについての素敵情報、ブログの方にアップさせていただきました(^^)
更新再開の素晴らしい情報ですよ~☆
またお暇な時にでも覗いてやってください♪
【2009/02/15 23:05】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
D,グレについてのところがめっさ気になります・・・(笑)
早く知りたいなぁーw
【2009/02/14 17:34】 URL | 蓮 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/777-671289b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。