おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Wiiリモコンの操作は苦手なんだってば!
灰原耀以外にも櫻井さんの声を発見!
自分グッジョブ!
気づけたことを褒めてあげたい(笑)


【零~月蝕の仮面~プレイ日記5】


●三ノ蝕 忘日~わすれび~(霧島 長四郎) パート2
今回は手術室奥の資料室で拾った鍵を使って診察室へ。
診察室の机の上で『月幽病と月の関係』という資料を入手。

▼月幽病と月の関係
月幽病は、月の満ち欠けによって症状が変わる。月が満ちた時は容体は安定するが、月の光を求めるように外を徘徊し、月が欠けた時は、怯えるように不安定になる。
月幽病で記憶がなくなった患者達は、まるで月の光が、一瞬自分が失ったものを取り戻してくれるかのように光を浴び続ける。


これと一緒に、相庭崇さんの問診記録テープも入手。
『問診記録』なんて書かれてるから、『変態院長の危ない問診記録☆パート2』かと思ったら、氷見子さんと違ってもう少しまともな内容でした(笑)

あと、私の聞き間違いじゃなければ、恐らくこの相庭崇の声も櫻井さんだと思う。
耀さんだけじゃなかったのかと、思わず気分もかなりハイテンション!
でもその直後、なんだかとっても嫌なセリフが・・・。

「もう・・・見たくない・・・だから目を・・・!」

・・・目を・・・?・・・目をどうしたって!?
ままままさかお前、目潰してないだろうな!おい!崇!!(必死)
1作目からずっと目潰された系の奴は怖いから苦手だって言ってんだろおおおお!!!

しかし、なおも続くテープ。そして、嫌なセリフパート2。
「妹だって・・・そう言ってました・・・」
ふ・・・ふふ・・・同じ考えの妹さんまでいらっしゃるなんて・・・。
・・・ねぇよ・・・それはねぇよ・・・orz
崇、お前はどこまで私をどん底に突き落としたいんだ・・・。

・・・と、ここまで考えてから、どうも『相庭崇』という文字に見覚えがあったので、霊リストをチェック。
なんとそこで、崇の妹を発見!

▼相庭 伊織(あいば いおり)
相庭隆の妹。十年に一度の朧月神楽を見るために兄に付いてきた。
神楽が終わった後に(月幽病を)発症、入院した。
円香の部屋の前でタッグバトルを仕掛けてきた一人で、目に包帯を巻いた女性の霊。


無駄にビビらせんなよ・・・お前かよ・・・。
私の行く先々にワープ繰り返しまくってた覚えがあるけど、あれはやっぱ音に反応してたのかなぁ?
・・・崇もやっぱ音に反応して近づいてくるんだろうか・・・。
櫻井さんボイスを聞けなくても我慢するので、どうか出てきませんように(笑)

気を取り直して、診察室奥の扉から受付へ行くと『月の箱札 下弦』をゲット。
何に使うのか分からないけど、とりあえず今度は診察室奥にある逆側の扉から廊下へ。
カルテ管理室の奥で助手が何かを隠してたので早速パクろうと中へ進入。

ピロリロ ピロリロ(インターホンの音)

・・・4作目、こういう『出なきゃいけない系』ちょっと多くないですか・・・?
でも、また耀さんからのラブコールかもという期待をこめて手を伸ばすと、インターホンの手前においてあった助手の手記3を先に入手。そっちから取るんかい(笑)

▼助手の手記3
中度月幽病患者は、鏡に映った自分の顔が崩れて見える時があり、それを『芽吹く』と呼んでいる。また、『芽吹いた』状態は患者本人にしか見えないが、重度の患者は実際に顔が崩れ、その状態を『咲く』と呼ぶ。さらに、咲いた患者の顔を見ると症状が感染する事があり、それを『共鳴(ともなき)』と呼ぶ。
灰原先生の治療法は一定の成果をあげているが、特殊な器具を使った治療法などは医学的根拠から逸脱しており、戸惑いを覚える。
そして、先生が明日から私に準備させようとしている『きらいごう』とは一体なんなのか・・・。


私が空耳かと思ってたキーワード『きらいごう』。
これは後ほどなんなのか明らかになったので、その時に書きます。

助手の手記は置いといて、さっき取り損ねたインターホンを今度こそチェック。
しかし、聞こえてきたのは院長の声でした。カルテを持ってこいとか何とか。
なんだよ、耀さんじゃないのかよ・・・orz

インターホンを聞き終わると、またもや助手と戦闘に。
こんな狭い場所で出てくるなよ!と言いつつ、必死に戦ってたのです・・・が。
何故かアイツは後1発で終了という所で消えやがりました。
・・・え?何コレ?時間制限ありだったの?
それとも、同じ懐中電灯使いとして長さんに恐れをなして逃げた?
別にそれはそれでいいんだけど、万葉丸欲しいからポイントはくれよ(笑)

更に奥へ進むと、『朧月細工の箱』を入手。さっき助手が何か隠してたのはこの中か。
開くには受付で拾った『月の箱札 下弦』と、もう一つ、それの『上弦』がいるっぽいです。
とはいえ、その片割れは見当たらなかったので、とりあえずインターホンを鳴らしてた院長室へ。

あぁ・・・そういえば院長室の前にて、忌まわしきゴーストハンドと再会を果たしました。
Aボタンを離すタイミングが遅かったらしく、見事にアイテムを掻っ攫われました。
全くもってふざけた野郎です。

院長室の扉を開くと、扉の前を横切る院長(浮遊霊)が出現。
なんかあの人、横切りながら胡散臭い笑顔で思いっきりこっちをガン見してきたんですけど・・・。
なんだよ、長さんの顔に見とれてんじゃねぇぞ(笑)
ちなみに、院長は耀さんと違って結構ふくよかなお方でした(耀さんはスリム)。

院長室へ入ろうとすると、妹が廊下突き当りからいける地下を先に調べろというので、一旦地下へ。
柵があって先には進めないものの、そこで『月の箱札 上弦』をゲット!
例の箱には暗号の様なメモが入っていました。

妹曰く、この暗号を使って院長室の隠し扉を開けとの事なので、再び院長室へ。
暗号の前に、灰原院長の手記1を発見。

▼灰原院長の手記1
灰原家は儀式の祭主の家系で、私は祈祷師として伝統と医学を融合させ、月幽病を研究してきた。
かつて島民達が挑んでいた精神の究明・・・その手法の一つが、神楽の面だ。
器の面は、面を被り音楽を聞く事で自己が失われ、奏の面は、一定のリズムを刻む様になる。
面を被る事で、人間の脳の様々な部分が刺激されるのだ。
その一つの到達点が『朧月神楽』の本来の姿『帰来迎』だ。
『帰来迎』はあの災厄を招いたため、長らく禁忌として封印されてきた。
しかし、月幽病の治療のためにはこの禁忌に足を踏み入れなければならない。
10年に一度の月蝕。これを逃せば実行の機会はない。もはや時間がない。


要は今回の事件って、おバカ当主(祭主)=灰原院長で、月幽病治療のために『帰来迎』っていう禁忌の儀式を行ったら失敗しちゃった☆って事?
んで、今回の災厄ってのが、前に麻生博士の文書に出てきた『無苦の日』ってヤツかな?
あーでも、1~3作目の黄泉の門云々ってのと違って、月幽病治そうとしてるんだもんなー。
灰原院長は皆の為を思って実行したけど、失敗したって事なんだよね。
そう考えると、おバカなんじゃなくて、歴代ナンバーワンの優しい&偉い当主なのかも。
・・・でも何でだろう・・・何だかとっても胡散臭さが拭えない(笑)
怪しい治療法ばっかしてるから誤解を招くんだよ。

さて、アイテムも回収し終えたので、早速隠し扉の暗号を・・・・・・

『書類棚
 438
 951
 - - -
 望月の欠けたることもなしと思へば』


・・・・・・何この暗号?
何でそんなに全力投球してくるんだテクモ。
どうやら『---』部分に当てはまる数字を院長室のインターホンに入力すればいいらしいんだけど・・・くそっ・・・何で暗号化なんかしやがったんだあの助手め・・・。
つーか、短歌なんかヒントにするな!私が知ってる訳ないだろう!!

その後、妹からヒントを貰い、何とか解除。
(答 → 望月=満月=15夜なので、縦横どこを足しても15になる数を当てはめる。276。
書類棚を動かすと地下へと通じる階段を発見したので、早速地下へ。

おぉう・・・なんか変な実験器具が一杯置いてあるんですが・・・。
長さんの手帳によると、『特殊な装置で脳に刺激を加える実験を試みた形跡有り。耀さんの人体実験めいた殺人に似ている』との事。
・・・って事は、耀さんも月幽病治療の研究をしてたって事か!
耀さん指名手配の裏側と月幽病の関係がようやく見えてきた。

▼月幽病研究記録
月幽病における外科手術は、脳に切除もしくは直接刺激を加える事で治療を行うものだ。
次第に成果を上げてはいるものの、成功かと思った矢先、絶命に至るケースも確認された。
記憶がなくなり『空身(うつせみ)』となって死んだのだが、その際、患者の顔が異様に歪んだように見えた。これは『咲く』前兆・・・『咲き触れ(さきぶれ)』だったのだろうか?
なお、この患者の遺体はすぐさま面を刈っておいた。


『面を刈った』ってのは感染したら困るから仕方ないにしても、この外科手術ってのが気になる。
頭部に無数の釘を打ち込む装置なんか置いてあるし、息子は似たような事して指名手配されるし、あの院長、本当にいい人なのか何だか怪しくなってきたな・・・。

更にその地下へと下り、地下道を進んでいくと、小さな扉を抜けた所で回想ムービー発生。
おぉ!灰原病院にあったエレベーターはここに繋がってたんですね!

エレベーターを降りた刑事時代の長さん。
奥へと進んだ所で流歌達5人を発見。
「もう安心だ」と優しく流歌(子供時代)を抱きしめる長さん。
流歌は虚ろな目をしたまま、一言「・・・きらいごう・・・」と呟いた。

回想後、長さんが辺りを見回すものの、ここには流歌も耀さんもいなかった。

ここで三ノ蝕終了。


──────────


スピーカーから流れる音楽『月の音』を聞いた流歌は、過去の記憶がフラッシュバック。

注連縄が張られた台の上で怯える子供時代の流歌。
その傍らで聞こえる「この面じゃない・・・」という男の声と、「あなた、もう止めてください!もし咲いてしまったら・・・」と制止する女性の声。

この記憶は一体・・・?


●四ノ蝕 空身~うつせみ~(水無月 流歌) パート1
前回の続きで、麻生記念館隣の資料室からスタート。
開始早々、円香のメモを発見。
平仮名とかスペースとかで分かりにくかったので、抜粋してまとめときます。

▼円香のメモ5
顔の分からない人を見てから分からなくなってる。
思い出してしまいまいした。泣き叫ぶ私。亞夜子ちゃんの顔。私をつかむ手。お面がやってくる。血の色。赤い。あの音楽。落ちた顔。嫌、もう見せないで。
思い出した。私達選ばれました。痛いです。全部閉じて見せないで。
早く閉じたいのに月が呼び戻してしまう。暗い所に行きたい。月の無い。
部屋に帰ります。


・・・で?これは円香の部屋に行けって事か?
よく分からないのでスルーして、近くに落ちてるアイテムゲッ・・・・・・うぉう!

あっぶなー・・・またゴーストハンドに引っかかる所だった・・・。
でも今回は何とか回避成功!やった!私やったよ、ゆー太郎様!!

ルンルン気分で麻生記念館から出ると、玄関へと歩いて行くナースを発見。
後を追い、玄関ホールへ行ってみると、またもやあの不快な音楽が。
オマケにまたあの白黒ターンもどきになってるし・・・orz
どうやらこの音楽が鳴ってる間の特別画面らしく、別に即死霊が出るとかではないみたいなんだけど、セーブは出来ないわ画面は見難いわで本当に迷惑極まりない。

管理室へ行き、即効音楽を停止。
落ちてた看護日誌によると、音楽療法として正午~午後5時まであの音楽を放送してたらしい。
あの音楽をそんなに長時間流すなんて、なんと迷惑な・・・(笑)
しかも、一部の患者が好意的に解釈できない反応を示したとか。
ほら見ろ!やっぱ有害じゃないかこの音楽!

管理室から出ようとすると、今度は207号室の亞夜子からナースコール。
またおもちゃが壊れたから持ってきて、との事。
いやいやいや、随分態度デカイなお前。
どうせ人形系あげてもすぐ壊すんだから、大人しくポケモンでもやってなさい(笑)

ナースコールが終わると、亞夜子に呼び出されたであろう冬子さんと戦闘に。
撃退すると、『音楽療法に使う楽譜を207号室の隣室から持ってきて』と書かれたメモを入手。
これはつまり、円香ではなく亞夜子の部屋まで行って来いって事ですか?
あーあ・・・ウッカリ倒さなければ冬子さんが亞夜子ルームに行ってくれてたのかなぁ・・・(笑)

とりあえず一旦セーブに戻ると、またもや電話の音が・・・orz
4作目、こういうコール系本当に多すぎじゃないですか?

耀さんコールだといいな、と思いつつ出てみると、今度は円香からでした。
「来ちゃダメ!」とか「本当はここに来たくなかった」とか言った後、「もういいの・・・何も分からなくなる・・・月が・・・」という謎のセリフを残してブツン。
何だよ、来いって事か?
結局円香の所に行けばいいのか亞夜子の所に行けばいいのかまた分からなくなった。

とりあえず、近くから順番にと思い、まずは円香の部屋へ。
怨霊円香と対戦かと思いきや、あったのは円香の手帳だけ。

▼円香の手帳
月を見ていると少しだけ意識が戻るので、ここで閉じます。
流歌は思い出すの?私は取り戻したかったけど、思い出さない方がよかった。
でも、もういいの。全部消える。全部消える。
あああああああああああああ。
もう おわりました。


何が終わったのか知らないけど、終わったらしいので私も次へ向かいます(笑)

・・・・・・はぁ、やっぱり亞夜子ルームが当たりなのか・・・。
愚痴ってても仕方ないので、こうなったらあの超鬼畜我まま娘・亞夜子をおしおきしてやるぜ!と意気込んで亞夜子ルームへ!
いよっしゃあ!出てこいや亞夜子!!
・・・・・・と、意気込んで飛び込んだ瞬間、亞夜子の浮遊霊が部屋の奥に出現!

やっぱ無理。

しかし、逃げかえろうとする私の手を妹ががっちりホールド。
そして一言。

「そこに前回撮り逃した鬼灯人形あるから」

鬼灯人形の心配してる場合じゃないよ!流歌の心配しろよ!!
本当にもう、なんて鬼畜な子だ・・・orz
泣く泣く鬼灯人形とその他諸々のアイテムをゲット。
その中に亞夜子のカルテもありました。

▼カルテ:亞夜子 12歳♀ 病室207号室
突発的な記憶障害及び、極めて特異な倫理観の欠如が見られる。
(生命の殺傷により、論悦を覚えるなど)
極めて排他的な攻撃行動に執着する事で自我を保っている可能性があるが、他の患者にこのような例はないので、特に観察を要する。


前もちょろっとだけ書いたけど、何で亞夜子だけ苗字が書いてないんだろ?
何か事情でもあるのかなぁ?
・・・まさか皇室出だから、とかいうぶっ飛んだ理由じゃあるまいな・・・。

少し落ち着いてきたので、早速奥にある小さな扉から隣の部屋へ。

・・・と思ったらまた亞夜子ぉぉぉぉ!!!

お前は人の上に降ってくるしか芸がないのか!バカ!バカ!
寿命縮んだわ!!

ひぃふぅはぁ・・・・・・はぁー・・・・・・。
何とか撃退し隣の部屋へ行・・・・・・この部屋、なんか変な声が聞こえる・・・orz
オマケに、中にあった天蓋付きベッド調べたら、亞夜子がベッド内に出現してかなりビビった・・・orz
もう驚き疲れたので、全て気にしない事にして、近くに置いてあった黒い手帳1を入手。

▼黒い手帳1
記憶と音楽は深く結び付いている。音楽をきっかけに、ある記憶を取り戻した例をいくつも見た。
私の患者にもそんな女がおり、ピアノを繰り返し弾く事で症状は驚くほど好転した。
もっとも、彼女は記憶を取り戻した後、自殺してしまったが・・・。
朧月島にも似た音楽があった。子供の頃聞いた『月の音』というやつだ。
月の音は口伝のものがほとんどだ。古い楽譜だが、どこかに資料があったな。
・・・帰ってきた甲斐があった。


帰ってきた・・・ってもしかしてこれ、耀さんの手帳だったりする?
患者どうのとか、この島出身とか、耀さんっぽいんだけど・・・。
手帳と一緒に楽譜も入手。
食堂のピアノで弾けば何か分かるかも、との事なので、楽譜を片手に食堂へ。

ここで、今回一番の問題が。
ピアノを調べれば勝手に弾いてくれるもんだと思ってたんですが、どうやら勘違いだった模様。

どうやらプレイヤーにピアノを弾けと言ってるらしい。
しかも、Wiiリモコンで。

私、奏者ノ資格持ってないので辞退していいですか?(笑)
・・・なんて無茶が許されるはずもなく、強制的にゲーム開始・・・orz
結局2回くらいやり直しさせられたよチクショウ!!

どうにか弾き終わると、流歌がエレベーターに乗ってた事を思い出したと言うので、そのまま食堂からエレベーターホールへ。
すると、いきなりエレベーターが開き、ゴスロリの女性が車いすを押して出てきました。

何か落としていったけど、亞夜子とピアノで疲れたので今回はここで終了(笑)

スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2009/03/14 23:03】 | 零シリーズ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<色々ポケモン情報ゲットしてきた | ホーム | 第180夜 憑神れべる≪弐≫>>
コメント
>ゆー太郎様
回避法を教えていただき、本当にありがとうございました(*´▽`*)
アイツ、横に何か置いてあると本当に見えにくいですよね(^^;)
よし来てない!と思って手を伸ばしたら急に影からガシッ!とされた時のあの驚きといったらもう・・・。

この先そんな変な場所から出てくる可能性もあるんですか!?( ̄□ ̄;)
あー・・・でも、アイテム自体が変な所に落ちてるときありますからねぇ(^^;)
いかなる時も気を抜かないよう気をつけたいと思います!

櫻井さんボイス。
私も調べた訳ではないのですが、相庭崇は恐らく櫻井さんで間違いないかと思います。
気づいたときはかなりビックリでした!
でも、なにも零恒例・目の見えない霊出現フラグまで立てなくてもよかったのに・・・orz
まだ彼が怨霊として登場すると決まってませんが、今までのパターンからして嫌な予感ムンムンです(T▽T)

ゴスロリの女性。
彼女の部屋は鬼なのですか・・・?( ̄□ ̄;)
ふ・・・ふふ・・・。
亞夜子ルームや霊安室、手術室だけでいっぱいいっぱいだというのに、まだそんな鬼展開が控えてるんですね・・・orz
怖くなったら櫻井さんボイスを聞きながら頑張りたいと思います(T▽T)
【2009/03/18 15:27】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
ゴーストハンド回避おめでとうございます!(笑)
本当、あれ、見えない場合もあるから分かりにくいですよね(苦笑)
たまーに(というか進めて行くと)んな所から出てくるか?!と言いたくなるほど変な所から出てきます。お気をつけて(笑)

耀さん以外にも櫻井さんの声の人がいたんですか・・・?
いや、似てるなぁ、とは思っていたんですけどまさか!(笑)
またじっくり聞きたいと思います。

短いですが、携帯からなので終わりますが最後に一言。

ゴスロリの女性、部屋は鬼です。(笑)
【2009/03/17 07:20】 URL | ゆー太郎 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/808-f1fe03ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。