おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
6対1は卑怯じゃない?
そういえば、紅い蝶や刺青の聲のミッションでも大量の怨霊と対戦ってのあったなぁ。
紅い蝶で5対のクソガキ共に囲まれた時は、本当に泣きそうになりました。
あの時の見事なまでの連係プレーは今でもムカつくいい思い出です(笑)

あと、紅い蝶の、18体の怨霊がわんさか湧いてくるミッションもなかなか鬼だったと思います。
順番に来いやぁ!と何度叫んだことか。
それを言ったら刺青の聲なんか、複数体の怨霊が同時参戦ミッションが多くて、何度も何度も何っ度も囲まれた思い出があるんだけどさ。

まぁ要は、複数体の敵と対戦するのは本当に苦労するってことです。


続きから零プレイ日記。
今回は、流歌パパの声優さんにもビックリでした。
コムイさん、神田に引き続き、まさか彼まで登場するとは・・・。


【零~月蝕の仮面~プレイ日記13】


●九ノ蝕 帰来迎~きらいごう~(水無月 流歌) パート2
日記では近い日付でアップしてるけど、実際は前回と今回の間ちょっと空いてます。
だから、スタート直後に聞こえてきた謎の音にかなりビビったんだぜ。
どうやら扉の奥から聞こえてきてるらしいけど、明らかに気合入れ過ぎです。
間空くと、些細な事で慣れたはずの恐怖が戻ってくるんだよ!

音のする扉に入ると、真ん中に何やら土俵発見。
流歌曰く、ここが朧月神楽の舞台らしいけど、どう見てもただの土俵です(笑)
そして、どう考えてもあの土俵に上るのはヤバい気がする。

どうにか避けて通れないかと探してみるものの、周りのギャラリーからは奥へ進めないらしい。
渋々ギャラリーから降りると、ここでムービー発生。
くそっ!土俵を避けて端っこ通って行こうと思ってたのに!


朧月神楽を舞う器と、音楽を奏でる奏達、そして、それを見守る人々。
幼い頃の流歌も、その神楽を見ていた。
そんな中、急に倒れこんでしまう器と奏達。
「咲いてしまった・・・」

島民たちのざわめきが消え、残ったのは倒れた6人と、現在の流歌。
流歌が立ち尽くしていると、突然器が起き上がってきた。


はい、絶対来ると思ってた!
表の器って事は、これが遠野椿さんか。
何とも気持ち悪い起き上がり方するなぁ。
この起き上がり方、確か3作目の零華さん(刺青の巫女)もやってたぞ(笑)

・・・なんて余裕ぶっこいてたのが間違いでした。

6人・・・だと・・・?

何これ?集団リンチですか?
器1人+奏5人=計6人で一気に来ることなくない!?
順番に来いよ!順番に!!

他の奴相手してる時に下から掴みかかってくる奏達に、その隙を見て上から襲い掛かってくる器。
なんという素晴らしき連携プレー・・・orz
2作目の見事なまでに統率されたクソガキ共が脳裏を横切っていったぜ・・・。
足元攻撃もバタフライ攻撃も3作目で嫌って程見てきたからもう止めてくれ。

とにかく、フェイタルコンボ決めては逃げ、たまにチマチマ撃っては逃げの繰り返し。
掴まれそうになったら、Wiiリモコン振りまくって『避(攻撃を避ける)』発動。
『避』は本当に重宝しました。
相手が来た瞬間、ブンブンブン!むしろ、来てなくてもブンブンブン(笑)
しかし、あまりに振りすぎたのが悪かったんだろうか・・・。

『避』発動中、流歌がコケました。

何ですかこのドジっ子は。
海咲や長さんはどんなに『避』使ってもコケたことないのに、何で流歌だけコケるの?
流歌ってそういう子なんですか?
何という萌え・・・やりおるテクモ・・・(笑)

ちなみに、今回も無謀にも07式しか使わずに挑んでたんですが、流石に6VS1はキツく、途中で回復するのすっかり忘れてて、うっかり鏡石発動。
・・・これを見逃してくれる妹ではありませんでした・・・。

妹「14式までなら許すから、鏡石は死んでも使うな!」

と言う事で、一度やり直し。
あと奏2体で終わりだったのに・・・orz

とりあえず14式使用許可が出たので、今作初の14式使用戦です。
14式と07式、そして万葉丸4個程投入して何とか勝利!
長かった・・・素晴らしく長い戦闘だった・・・。

ただ、確認はしてないけど、一度に6体同時出現ってのはなかったと思う。
多分3体くらいまでしか同時に出現しないんじゃないかな?
でも、同時出現しないにしろ、入れ替わりで6体と同時戦闘なんて、今回が初めてじゃないか?
長さんのまさかの21体も、入れ替わりじゃなくて3体が順次蘇ってただけだし。
いや、あれはあれでキツかったけど・・・。
とりあえず、もう二度と6VS1なんて無謀な挑戦させてないでいただきたいものです。

戦闘が終わると、ムービーが発生。


朧月神楽を眺める子供時代の流歌。
その手を一人の男がそっと掴み、そのまま連れ去っていく。

「私は あの日祭りの最中に連れ去られ・・・この奥に ずっとずっと奥・・・ 深く・・・深く・・・」

辿り着いた先にいたのは、一人の器と4人の奏達。
器が、ゆっくりと仮面をつけた顔をこちらに向けた。


ムービー終了。
回想ムービーで耀ちゃんの顔が見えないのは、流歌たちが犯人の顔を覚えてないからかな?
浮遊霊や過去映像だと、普通に耀ちゃんだって分かるもんね。

さて、一旦セーブに戻り、土俵(舞台)経由で更に建物の奥へ。
一つ目の階段を下りた所で、過去映像ムービー。
「帰来迎の奏となるんだ」と言って、耀ちゃんが子流歌を連れて右にある階段を下りていきました。
耀ちゃん見つける度に心が弾んで仕方ない。
登場だけでこんなにもウキウキさせてくれた霊は耀ちゃんが初めてです(笑)

耀ちゃんを追う前に、左の通路もチェック。
すると、廊下の奥に流歌パパ出現!
耀ちゃんがあっち下りてったから、こっちは何もないと思って油断して、かなり大声で叫んでしまった。
そして、流歌パパのセリフを聞き逃すという失態(笑)
後でこっそりやり直したら、「さぁ、この面を・・・」と言ってました。
なんか聞いたことある声だなーと思い、流歌パパの声優さんチェック。

おぉ!立木さんって、マナ(@Dグレ)の声じゃないか!

今作、本当に声優陣豪華だな!

ここで何故かアイテム反応のある灯篭を発見。
そして、アイテムが挟まってる訳でもないのに、『調べる』マーク。
嫌な予感を感じつつ、恐る恐る手を伸ばし・・・・・・

うぉぉぉい!逆さGィィィィィィ!!!

何この罠!何で逆さGが降ってくるんだ!
彼女の奇襲作戦には本当に度肝を抜かれます・・・orz

逆さGを撃退後、進むべき進路は2通り。
右に神田(@耀ちゃん)、左にマナ(@流歌パパ)・・・。
よし、耀ちゃんストーキングしてきます(即決)

耀ちゃんの後を追って階段を下りていくと、控エノ間なる部屋に到着。
・・・何ですか、あの天井のでっかい仮面は・・・。
あの下通るの、ものすっごい嫌なんですけど・・・。
面の下を避けて、落ちてた『控エノ間由来』なる文書を入手。

▼控エノ間由来
控えの間は、帰来迎を行う前に、巫女が面と合一する場所なり。
器と奏は、本番と同じ配置に座り、面をつけ、月の音を聞きながら、面と合一する。
月の音は祭壇にて奏でるべし。
合一を果たした者のみ、祭壇より月黄泉堂へ厳かに参るべし。


どうやらここの祭壇から月黄泉堂という所へいけるらしいけど、祭壇を調べても何も起こらなかったので、ここに来るのはまだ後なのかな?
それにしても、あの巨大仮面の下で瞑想するのか・・・。
絶対上が気になって集中できないと思う。

さっきの場所まで戻って、今度は流歌パパの後をストーキング。
扉の向こうの渡り廊下を進んでいくと、途中で鬼灯人形が木に引っかかってるのを発見。
ゆーさんが鬼灯人形が癒しだと言ってた意味が、後半になるにつれ凄くよく分かる(笑)

途中にある『首元堂』なる部屋へ入ってみると、祭壇前に苦しむ子流歌出現。
これって前にムービーで流れたシーンじゃないか?
流歌パパはここで流歌に色んなお面被せてたのか!

祭壇の上で、『首現堂 秘録』なる文書を入手。

▼首現堂 秘録
器の面には、芽吹いてない死人の面を刈って使うべし。
その面を首元堂に納め、一夜祀り、月にさらすべし。
また、面打ちの間でこの面を作る際は、月の光を絶やすことを禁じる。


あの面、人の顔の皮使って作ってるの!?
その皮の調達は、やっぱ病院だけあって院長がやってるんだろうな・・・。
『協力』ってそういう事だったのか・・・。

意外な事実に驚愕しながら奥の扉を調べるも、扉は開かず。
その代わりに、回想ムービーが発生。


「この奥にいつも父がいた」

一心不乱に面を打つ父・宗也。
流歌の呼びかけに、ゆっくりと振り向こうとして───


ここでムービー終了。
やっぱ流歌パパの顔はまだ見れないんですね。
流歌の目的=流歌パパの顔を思い出す事だから、流歌パパの顔が見れるのはクリア後かな?

さて、ムービーが終わって開くようになったのかと思ったら、まだ扉は開かず。
ここも後で来るのかな?

首元堂を後にし、廊下を進んでいくと、途中で流歌パパが奥へ歩いていくのを発見。
「いよいよ祭りが始まる。面を準備せねば・・・」
そんなグロイ面なんか準備してないで、もう少し家庭を顧みてくれパパン。

廊下の突き当たりは四方月邸・・・って、ここ昔流歌が住んでた家!?
こんな奥深い場所に住んでたのか。
・・・外に出るの、大変そうだなぁ(笑)


流歌「ここは・・・私が住んでた家・・・?」


ここで九ノ蝕終了。

回想で一回行ったけど、まさか実際に流歌の家まで出てくるとは思ってなかったぜ。

スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2009/04/05 23:35】 | 零シリーズ | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<いたずらフィオネ! | ホーム | 第68話 「沈黙」 >>
コメント
>saito様
そうです!その立木さんです!
零では怨霊役ではありますが、かなり重要な役として登場されてて、凄くビックリしました。
零はちょいちょい人気声優さんを起用してくるので、そういう意味でも楽しめる作品だと思ってます(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/08/27 01:22】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
立木さんって...
と思ったらやっぱり赤犬(ONE PIECE)の立木さんか~
【2012/08/06 22:05】 URL | saito #-[ 編集]
>ミッフェル様
ホント、『いじめカッコ悪い』ですよね!
まさかこんな所で袋叩きに遭うとは思ってもみませんでした(><)
気がつけば囲まれて、逃げようとするも掴まれて・・・まさに袋叩きの名にふさわしい戦いでした(^^;)

せめて一人一人とまではいかなくとも、2VS1くらいにしてくれたら助かるんですけどねぇ(><)
ホント、あんな鬼畜な事されても喜ぶのはソカロ元帥くらいですよね(笑)

そして、何より一番怖かったのが、この戦いをやり直せという妹の命令!
テクモさんも鬼畜ですが、妹の鬼畜っぷりは本当にパネすぎて困ります(笑)
ミッフェル様の仰るとおり、本当に一番怖いのは人間でした(^^;)

でも、そんな中、木に引っ掛かってた鬼灯人形には思わず笑わせていただきました(笑)
ああやって和みを運んでくれるあの子は本当に癒しです。
ちょっと顔が怖いですが(笑)
【2009/04/11 22:09】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>マユ様
マナまで出てるなんて本当に豪華ですよね~。
立木さん=マダオ・・・そういえばそうでした!
マダオ・・・まるでダメなお父さん・・・まさにピッタリじゃないですか( ̄m ̄*)
ほら、流歌パパは娘に変な仮面被せて病気にしちゃった上に、仮面作りに没頭して家庭を捨てちゃった立派なマダオですから(笑)

6VS1。
これは本当にありえませんでした・・・orz
2作目の18体に比べたら人数的には可愛いですが、強さも攻撃パターンも驚異的に違いますからね~(^^;)
怨霊は襲ってくるものと決まってますが、そんな常識かなぐり捨てて、是非とも大人しくしてて頂きたいものですよね(笑)

アレン。
結構最後の方まで来たので、残念ながらアレンやクロス元帥の登場はないかもしれません(TT)
無理やりこじつけるなら、マナボイスである流歌パパの子で、ピアノを特技とし、月幽病で「誰かに変化する」と言っていた流歌が、なんともアレンっぽいなーなんて(笑)
クロス元帥っぽい人はちょっと思い当たらないのですが(^^;)
二人とも出てたら面白かったんですけどねぇ( ̄m ̄*)
【2009/04/11 21:03】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
リンチというかいじめ反対(違)
どこのふくろだたき(ポケモン)かと思いました。
(個人的に好きな技で使うのはですがやられるときつそうです(零にかぎっては(ポケモンのはそんなダメージじゃないこともあるので別に)))
生きた人間にというか彼女のパパンも原因の1人かも知れないけど順番に来いよと思いました。そんな集団で襲ってきて喜ぶの戦闘だいすきなソカロ元帥あたりしか思いつかないんですが(失礼)
そしてそんな中木にひっかかってる鬼灯人形ゴミ箱の中ほどインパクトはないですが何ともいえない気分になりました(苦笑)

でもそんな零の霊よりもよっぽど生きた生身の人間のが恐ろしいんじゃと思いました。
妹さん・・・非情ですね・・。
テクモさんも容赦ないなとは思いますが・・
【2009/04/09 18:37】 URL | ミッフェル #8kSX63fM[ 編集]
マナが…!!なんて豪華な!!でも、立木さんって銀魂のマダオでもあるんですよね…なんか複雑な気持ちです。(何が言いたい流歌パパもマナみたいに顔わからないんですね。
それにしても6対1、私だったら死にますよ。ていうかなんで襲ってくるんだ!!って感じですよね。怨霊は誰かれ構わず襲ってきますよね。恐ろしい。あーアレンも出てこないかなー。ついでに師匠も。いたら絶対ストーキングします(笑)
【2009/04/09 17:20】 URL | マユ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/830-9dce7e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。