おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
凡ミスでピンチに追い込まれる事あるよね
まずは拍手返信です。
反転願います。


▼垢済様
初めまして!
わわわ!いつも訪問頂いてたなんて光栄です(≧▽≦)
この度はお声をかけて頂き、本当にありがとうございます♪
また、当ブログをお褒め頂き、本当に天にも昇る思いです(*´▽`*)
垢済様は一体どちらからいらっしゃった神様ですか?
Dグレと零仲間さんという事で、とってもトキメキを感じさせていただきました!
そして勝手に親近感まで湧かせていただきました(笑)・・・すみません(^^;)
さて、垢済様もブログ始められたんですね!
万一私を参考にしてしまうと、ただの変態アホブログになってしまうので、何卒ご注意ください(笑)
それと、もし宜しければブログのURLを教えて頂いてもよろしいでしょうか?
ご迷惑でなければ、私も是非訪問させていただきたく思います。
では、拍手&コメント、本当にありがとうございました☆



いつもポチポチしてくださる方もありがとうございます!
物凄く励みになってます!

そろそろ拍手画面も変更したいなぁ。


──────────


前回のプレイ日記で、『次回は絶対に叫ばねぇ』なんて書いたけど、やっぱり無理でした。

続きから零プレイ日記。
今回は時間なくて全然進んでません。


【零~月蝕の仮面~プレイ日記15】


●十ノ蝕 残桜~ざんおう~(霧島 長四郎) パート2
前回は何とも衝撃的な耀ちゃんの秘密を知っちゃって、長四郎ドッキドキな回でした。
長さんにまさかの恋のライバル出現に、プレイヤーもドッキドキでした(笑)

今回はまず、その時に入手した『封印されたフィルム』を見るため食堂へ。
帰来迎の様子が写ってたんだけど、踊ってる器は朔夜かなぁ?
それとも、帰来迎を復活させるための単なる資料(昔の帰来迎)?
何か起こるかと思ってたけど、特に何もなかったので、ここから本ルートに戻ります。

耀ちゃんから忌ノ宮の鍵を貰ったので、地下の配電室へ。
でもエレベーターホールからの扉は鍵がかかってたので、中庭から回ります。
そういや今思い出したけど、曲木さんの部屋で中庭の写真撮ってたっけ。
中庭にたどり着くと、ムービー発生。


8年前、朔夜が目覚めた時の事を思い出す長さん。
長さんはあの日、朔夜を見て顔が咲く前触れの感覚に顔を歪めていた。

回想が終了した次の瞬間、あの時と同じ感覚が長さんを襲う。
そして、地下から咲いた朔夜がゆっくりと姿を現す。
どこからともなく、「見てはいけません」という小夜歌さんの声が聞こえてくる。
しかし、今度は逃げられないと悟った長さんは、戦う事を決意した。


「今度は・・・逃げられそうにないな・・・」と呟く長さんがカッコいい!
男らしい長さんにものすごくキュンキュンしました。

同時に、思いっきり絶望・・・orz
何で私に相談なく戦う事決意しちゃうの長さん!
きっと長さんなら逃げれるって!俊足の長さんと歌われたあの日の事を思い出して!
・・・いや、そんなん聞いた事ないけどさ(笑)

本気で逃げれないみたいなので、渋々私も戦う事を決意。
でも案外弱くて、普通に撃退。
おぉ、流石長さん!強いな!
ルンルン気分で茂みに落ちてるアイテムもゲッ・・・・・

ゴーストハンドォォォォォ!!!!

そういやコイツ出るんだった・・・。
すっかり忘れてた・・・orz
ないわー・・・このタイミングでアイテム掻っ攫うのはないわー・・・。

妹「早くやり直してね」
ですよねー・・・orz
ふ・・・ふふ・・・もう一回朔夜と戦うのか・・・。

もちゃもちゃとやり直し、朔夜とご対面テイク2。
・・・が、ここで何故か攻撃が出来ないという最悪の問題発生。

何で攻撃できないの!?バグ!?
さっきはちゃんと倒せたじゃん!
耀ちゃん助けてよぉぉぉぉぉ!!(by亞夜子)

あ、どうでもいいけど、海咲の時はあんまり分からなかった朔夜の攻撃パターンも判明。
彼女も3作目の彼女達同様、バタフライしてきやがります。
どんだけ流行ってるんだバタフライ攻撃。

ギャーギャー叫びながら逃げ回る事数分。
軽く3回ほど愛の抱擁を受けながら、何度目かの攻撃試し打ちをしよう構えたその瞬間、何だかとっても嫌~なものが目の端に映りました。

なんと『写』付けっ放しという凡ミス。

▼霊石灯専用強化レンズ『写』
霊石灯は懐中電灯なので、カメラ機能がついておらず、鬼灯人形やヒント写真を撮影する場合は、強化レンズ『写』を取りつける必要がある。
強化レンズ『写』を付けたままだと攻撃が出来ない。
ただし、浮遊霊は『写』を付けてなくても、照準を合わせれば勝手に撮影してくれる。


隣からは妹の「チッ!バカめ!」という何とも冷酷なセリフが聞こえてきました。
自分でもバカだと思ったから、もはや何も言い返せない・・・。
1回目の戦闘の時はちゃんと外したのに、何故2回目はすっかり忘れてるのか・・・orz

とりあえず『写』を取り外し、普通に撃退。
・・・ふぅ・・・何とも無駄なダメージを食らってしまった・・・。

それにしても、ここでラスボス登場ってどうなんですか?
こんなに途中何度も戦う事になるラスボスなんて零至上初めてです。
しかも、普通に勝った上に、長さんターンここで終わるんじゃないってのがまた斬新だ。
海咲みたいに倒れて終わりかも、なんて思ったのに(笑)

何はともあれ、無事アイテムもゲットし、地下へ向かいます。
入ってすぐの貯水管理室にて長さんテープ6を入手。
どうやら、長さんが2年前に島を訪れた時のものらしい。
探偵になってからも刑事時代の癖で記録しちゃう長さんが素敵。
その素敵ボイスはもっといっぱい残してもいいと思います。

長さんが8年前に島を再訪したのは、やっぱり耀ちゃんを追いかけての事だったらしい。
あの神楽の一件いらい、島を訪れる人は少ないとか。
「風がない・・・空気が動いてないんだ・・・時間が・・・止まっている様な・・・」
この直後に朔夜が登場したらしく、長さんは皆が咲いたのを見てしまったみたいです。
テープにも変な音が記録されてる。
「・・・あの女 顔がわからない・・・顔が・・・」と苦しむ長さん。
苦しんでるって事は、翳さんの手紙にあったようにやっぱ長さんも咲いちゃったんだろうな・・・。

一旦テープが切れ、次に聞こえてきたのは長さんの「灰原っ!!」という叫び声。
長さんと耀ちゃん、8年前にも運命の再会果たしてたの!?

そして一番気になったのが、この後のセリフ。
叫び声の後、また一旦テープが切れ、再開。

「そうか・・・そうだったのか・・・   小夜歌さん・・・!」

何がそうだったんだ8年前の長さん。
今の長さんとプレイヤーには一切伝わってないぞ。
そして、何故そんな熱烈に小夜歌さんの名前を呼ぶ(笑)
てか、耀ちゃん追ってたはずなのに、なんで小夜歌さんが出てくるんだ?

とにかく、やっぱり長さんは8年前に何か重要な事を知ってしまったんですね。
でも、朔夜のせいで月幽病になってそれを忘れてると。
コレを思い出す事が長さんターンのゴールになるのかな?
それが耀ちゃんとの決着にも繋がってるのかも。

テープはここで終わってたので、先へ進みます。
配電室に入ると、例の床の穴で地縛霊を発見。
やっぱ何か居やがったか・・・。

机の横で当直看護婦の手記3を入手。

▼当直看護婦の手記3
うたた寝をしていたら、夢の中でも昏睡状態の彼女を閉じ込めた扉の前にいた。
耳をそばだててみると、彼女が何か口ずさんでいた。
重く閉ざされたはずの扉が、悲鳴のような唸りをあげながら開いていく。
見るな!見るな!見るな!そう思ったのに、私は扉の僅かな隙間から覗いてしまった。
目だ・・・赤くよどんだ・・・目・・・。あの顔はなに? あ れは なに?


人間って見ちゃダメって言われると見たくなるよね。
夢の中で聞こえてきた歌・・・やっぱり朔夜が歌ってたのは鎮メ唄ですか?(笑)

机の上のラジオを調べると、ナースの必死の訴え電波をキャッチ。

『いつまでここにいれば良いんでしょうか?あの人はずっと眠り続けています・・・。
ずっと・・・あんな状態で生きているなんて・・・。
いつかあの人が目覚めて、この扉が開く気がして・・・。
扉が・・・・・・         開いた   』


ラジオが終わった途端、奥の扉が開き、朔夜出現。

それに伴い、音楽も怨霊戦というか白黒ターンの様な音楽にガラリと変更。
バッカお前!さっき倒したじゃん!連続で出てくんなよ!
必死にUターンして入口へダッシュ!

・・・と思ったら、朔夜は綺麗さっぱり消えてました。
でも何故か音楽はみなぎったまま。
何という耳障りかつ心臓に悪い演出だ。

とりあえず音楽は無視して、奥の扉から忌ノ宮へ。
入った瞬間、ムービー発生。


中央にそびえる古い祠。
両側には牢屋の様な部屋と、その中にベッドが一つずつ。
左側のベッドで寝ていた朔夜がゆっくりと起き上がり─────


ここでムービー終了。
また追い掛けられるのかと思ったけど、過去映像だけだったみたいです。
こんな牢屋みたいな所に朔夜はずっと寝かされてたのか。
耀ちゃんがここの鍵持ってたって事は、やっぱ何度も会いに来てたんだろうな。
それにしても朔夜さん・・・手も使わずに腹筋だけで起き上がるって、どんな驚異の腹筋だ(笑)

中央の祠にて、忌ノ宮守の手記を入手。

▼忌ノ宮守の手記
面を刈る準備は出来ているのに、長の許しが出ない。
「芽吹いたものの面は刈らねばならぬ」という言い伝えを守らなければいけないのに。
確かに息があるうちは刈る事は出来ないが、果たして彼女は生きているといえるのだろうか?
息はほとんどなく、女の周りは凍えるように冷たい。また、焼けるような匂いは香も効かない。
こんな状態になってあまりにも長い。死せる者として面を刈るべきなのだ。


アナタにもう少し勇気があればこの島は救われたかもしれない・・・。
是非とも院長の目を盗んで面を刈っていただきたかった!
くそっ!院長め!自分の娘だからって特別扱いしやがって!

思い返せばあの院長は本当にダメな人でした。
明らかに悪戯の枠を超えてる亞夜子の行動すらスルーしてたくらいだもんな。
そして、それを「面白い」なんて言っちゃう息子を咎めようともしない。
何というダメ当主・・・orz
やっぱ零に出てくる当主はおバカばっかなんだろうか・・・。

いや、気持ちは分かるんだけどね。
大切な娘が助かる可能性を少しでも信じたい。
そして、そんな娘を愛してる息子の気持ちを少しでも尊重したい。
何より、先立った妻の「朔夜を守って」という思いを裏切りたくない。
そう考えるといい人ではあるんだけどなぁ。

朔夜がいたであろう牢に入ろうとすると、またもやムービー発生。


「霧島さん」
名前を呼ばれ振り返ると、そこには何故か小夜歌さんが立っていた。
居るはずのない人の姿に驚き、「どうして」と尋ねる長さん。
小夜歌さんはその質問には答えず、次の言葉を続けた。

「その仮面の欠片を、あの子に渡してください。大切なものです」

朔夜のベッドに置かれた仮面の欠片。
しかし、長さんは流歌の居場所が分からないと告げる。
すると小夜歌さんは、長さんが昔、5人を発見した居場所に流歌がいる事を教えてくれた。
もうあまり時間がないと言い、消えていく小夜歌さん。

「霧島さん・・・また あなたに助けられましたね」


ここでムービー終了。
・・・小夜歌さんはやっぱりお亡くなりになられてるんでしょうか・・・?
明らかに幽霊さんっぽいんですが・・・。
流歌が島に渡って、長さんに流歌捜索頼んだ後に死んじゃったって事?

そして、ここにきてついに長さんが仮面をゲット!
これが九ノ蝕(流歌のターン)冒頭のムービーに繋がるってわけか。
やっぱ時間軸めちゃくちゃになってるんですね。

近くの机で書き留められたメモを入手。

▼書き留められたメモ
ツキガ ウツル ツキガ シズカナ フカイモリ  ナニモナイ
マタ アイマショウ  マタ アイマショウ


これは朔夜が書いたものなのか?
だとしたら、朔夜はここにきてから一度目覚めてるって事?
それとも、8年前に目覚めた時に書いたもの?
何だかよく分からないなぁ。

とりあえずアイテムとかは取り終わったみたいなので戻ります。
戻る最中、配電室入ったらまだ音楽が怨霊戦のままでかなりビビった。
でもやっぱり朔夜の姿はなし。
音だけかよややこしいな!

・・・と、余裕で配電室を出た所で、白黒ターン突入。

うおぉい!!やっぱ来るんかいお前!!
音楽だけとかって見くびってすみませんでした!
さっき倒しちゃったの恨んでるなら謝るから、白黒ターンはやめてくれぇぇぇぇ!!!

猛ダッシュで朔夜を振り切り、エレベーターホールへ。
セーブポイントでカラー画面に戻った時は本当に安心したぜ。
白黒ターンも久しぶりだったから、かなり怖かった・・・。


時間がなかったので、今回はここで終了。


話の進み具合からしてそろそろ長さんターンも最後だと思うんだけど、どうなるんだろ?
最後にはやっぱ耀ちゃんと戦う事になるんだろうか・・・。

あと、今回ここまでプレイしてみて、何だかとっても嫌な予感がしてきました。
この後流歌に仮面を渡しに行くわけだけど、それまでに長さん死なない・・・よ、ね?
あのムービーで長さんが消えていったのが気になって仕方ない。
やっぱ消えたって事は幽霊なんじゃないかなぁ、なんて・・・。

流歌に会う前に耀ちゃんと一悶着あって、何だかんだ長さん死亡。
でも小夜歌さんとの約束を果たすため、最後の気力を振り絞って流歌に会いに行く、とか。

今までのパターン的に、テクモさんならそれくらいやりかねないと思う。
海咲も倒れちゃったし、3作目みたいに最後は主人公だけが残る、みたいなパターンになりそう。

外れてくれ!私の予想!!(笑)


次は週末にでも進められればいいなと思ってます。

スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2009/04/15 23:58】 | 零シリーズ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<HP1の底力 | ホーム | アルセウス&色ピチュー情報>>
コメント
>垢済様
おぉ!なんと垢済様も親近感を持っていただけていたとは(*´▽`*)
ありがとうございます!
ありがとうございます!!
光栄すぎ涙と鼻水が・・・!(笑)

垢済様はプラチナもお持ちなんですね(^^)
プラチナは明らかにネタ的な進め方しかしてませんが、少しでも楽しんでいただければと思います♪

そして変態と名がつく事を本望だと仰る・・・!
またまた親近感で・・・ゲッフンゲッフン(笑)

そうそう!URLの方、教えていただきありがとうございます(*´▽`*)
早速訪問させていただきますね☆
またコメントもさせていただきたいと思います(^^)

零。
長さん、本当にカッコいいですよね(*´▽`*)
声もよければ、顔も行動もカッコいい!
なんと素晴らしきお方なんでしょう!
4作目は私のかなり苦手な病院という舞台ですが、彼と耀ちゃんがいるからこそ頑張れてます(笑)
またコンプリート目指して頑張りたいと思います(≧▽≦)ノ
【2009/04/20 12:09】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>ゆーさん
お久しぶりです(≧▽≦)ノ
4月は新しい環境になりますし、何かと忙しい時期ですよね。
無理なされて体調など崩されませんようお気をつけくださいm(__)m

さて、零もついにここまで来ました☆
長さんターンはやはりこの蝕で終了なんですね。
海咲の時も思いましたが、長さん操作が終わると思うと寂しいです(><)

やはり長さんターン最後は耀ちゃんとの決着でしょうか?
どんな結末が待っているか、楽しみであり、怖くもあり・・・。
私の予想を遥かに超えたラストというのが物凄く気になります!
でも、エンディングでも長さん活躍って事は、もしかして長さん死なないんですか?
螢の事もあるので、勝手に死ぬんじゃないかと不安だったんですが、エンディングにいるなら大丈夫なのかな、なんて。

・・・はっ!まさか衝撃の結末って、やっぱ耀ちゃんは死んでて、実は長さんの前で自殺してたとか!?( ̄□ ̄;)
だけど、長さんは全て忘れてるから、耀ちゃんは思い出させてあげようとしてた。
そして全てを思い出した長さんは、流歌を助ける為に朔夜に立ち向かっていった、みたいな。

・・・いや、テクモがそんなぬるい事するわけないか(笑)
とりあえずまた頑張って進めてみます(^^)

朔夜。
今回の朔夜には本当にビビラされっぱなしでした(T▽T)
地下からこんにちはしかり、超腹筋起床しかり、白黒画面しかり・・・。
扉の向こうから朔夜が現れたときには、本気でどうしようかと思いました(><)
彼女・・・いえ、テクモさんはこんなにも私をビビラせて何が楽しいのでしょう・・・orz

でも、「今度は逃げられそうにないな・・・」という長さんは本当にカッコよかったですよね(≧▽≦)
あまりのカッコよさに、思いっきりストライクでした!
戦わされるのは堪ったもんじゃありませんでしたが(笑)

バタフライ。
これは本当にビックリでした!
まさか朔夜までバタフライしてくるとは!
実は朔夜も眠りの家に囚われてて、零華さんのバタフライを見てきたのではないかと真剣に疑ったくらいです(笑)
ほら、なんか唄も口ずさんでたみたいですし(笑)
ちなみに綺麗なドアップはやっぱり無理でした(^^;)
咲いてる上に、上手く撮る前に掴みかかられました(T▽T)

耀ちゃんからの愛のプレゼント。
あの手帳は本当に愛でしたよね!
もうホント、お前はどんだけ長さん大好きなんだと・・・!
そんなに長さんとの追いかけっこが楽しいなら、ゆーさんの仰る通り、いっそ浜辺でウフフアハハとバカッポー演じてきていただきたいくらいです( ̄m ̄*)
で、捕まえたと同時に二人の視線がぶつかり合い、自然と顔が近づき・・・ゲッフンゲッフン。
すみません。妄想が過ぎました(笑)
耀長耀は本当に萌えさせてくれます(*´▽`*)
零至上、最高のCPではないかと思います(笑)

では、また進めたらプレイ日記書かせていただきます(^^)ノ
【2009/04/20 11:52】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
あばばっ
実は私も親近感を感じています(笑
ポケモンのプラチナ持っているのでポケモンのお話も分かりますし(´∀`人)
というか、あほ変態ブログだなんて!そんなことありませんよ!素晴らしいではありませんか!
それにそのような名称が付くことは本望です!!←変態万歳です(笑

そして米神さんが私のブログに来て頂けるとは・・・っ涙で画面が見えません。
とても光栄です!URLを載せておきますね。

さてさて、零の感想も読ませて頂きました。
長さんかっこいいですよね←
私は零を持っていないんですが内容は全作品全て知っています。なので感想を読むとどうしてもニヤリとしてしまうところがw
うん 零コンプリート頑張って下さいね。
私はビビりなのでしませんが!!←ヲイ

それでは!
【2009/04/18 12:54】 URL | 垢済 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/17 17:31】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/840-37df771c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。