おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
キッサキジム!氷のバトル!!
アニポケ見ました。

今回は最後から次回予告にかけてもの凄くビックリさせられた。
何故アイツはああも唐突に出てくるんだ(笑)

続きから感想です。


【キッサキジム!氷のバトル!!】


ついに7個目のジム戦!
スズナ見てると、デンジ(とオーバ)がもうすぐだと思ってワックワクしてしまう(笑)
あ、でもその前にゲームだとテンガン山でギンガ団との決着とかディアパルとバトルとかあるのか。
アニメはキッサキ神殿の話もあるみたいだし、デンジ(とオーバ)が出るのはまだ先の話かな。


それはさておき、今回のジム戦はノゾミも見学なんですね。
ノゾミがサトシのジム戦見学するのって確か初めてだよね?
これまた新しい試みで面白いなー。
ノゾミは今までコンテスト1本って感じだったもんな。
ジム戦は見る気がないって程でもないだろうけど、それなりに興味はなくて。
でも、今回はちゃんとバッチリ見学。
何だかノゾミの心境の変化が表れてるようで面白いなぁ。


キッサキジムのルールは、氷のフィールドで4VS4。
予告でも書いたけど、てっきり3VS3だとばかり思ってたので、これにはビックリ。

・・・という事は、もしかしてデンジ戦も4VS4になったりするのか?
今までジムリの手持ちはDPVerで来てるから、ももももしかしてデンジの野郎、オクタンやエテボースを使ってきちゃったりするのか!?

・・・いや待てよ。
衣装がプラチナVerになったって事は、デンジの手持ちはプラチナVerになるという可能性も・・・。
いやいやいや、それだったら今回だってチャーレムの代わりにイノムーいなきゃおかしいんだよね。
結局どっちになるんだろ?凄い気になる!
早くアニメデンジを観たい。
ついでに、アニメオーバもデンジと共に登場してしまえ(笑)


めちゃくちゃ話が逸れましたが元に戻して。
気合を入れるため、いきなり上着を脱ぎ出すスズナさん。
いきなり脱ぎ出すから、一体何のサービスかと(笑)

あと、よく見たら今回の審判、オオイシ先生じゃないか!
昔の担任の先生は、今じゃ教え子のジムの審判もやってるのか。
いや、逆にスズナが先生が審判やってるジムに入ったのか?
先生のいるスクールにも講師として顔出してるし、先生とスズナの絆を感じるなぁ。


オオイシ先生もスズナもいない今、スクールの方はウブカタさんが臨時先生(代理)に。
生徒に頼むだなんて、他に先生いないんですか(笑)

そして、その様子をこっそり伺うロケット団。
ここで、前回言ってたニャースの秘策の登場!

『ジムリーダー達がいない間にこっそりポケモン強奪』

あまりのせこさに涙が出そうになりました(笑)
確かに、2日連続同じ場所へ盗みに入るとは思わないかもしれないけども。
それにしたって秘策っていうほどの秘策でもないし、結局いつもとやる事変わってねぇ(笑)

とりあえず、保管庫へ行ってみるものの、前回と違い、扉には厳重ロックが。
しかし、またもやニャース曰く『秘策がある』との事。
期待していいのか悪いのか(笑)


その頃ジムでは、ついにジム戦がスタート!
一回戦は、ハヤシガメVSニューラ。
ニューラってホント可愛いなぁ。
実は、旧金銀時代に一目惚れしたポケモンだったりする(笑)

それにしても、総集編の時だったかにも書いたけど、このチョイスは本当にビックリでした!
最近は相性を考えるようになったなーと思いきや、いきなりセオリー崩しな戦法!
何だか昔のサトシを思い出すなぁ。
昔のサトシはよく相性で不利な相手をバッタバッタなぎ倒してたっけ(笑)

相手のニューラは、氷のフィールドを上手く使ってスピードアップ。
その勢いで、周りからハヤシガメに向かって凍える風!
こんなに連続で凍える風繰り出されたら、草タイプは堪ったもんじゃないよなぁ。
でも、それを耐えきったハヤシガメは、ニューラが乱れひっ掻きをしようと接近してきた一瞬の隙をついてはっぱカッター&ロッククライム!
おぉ!一撃で撃破とはやるなぁハヤシガメ!

一回戦が終わってみれば、やっぱり昔のサトシとは一味違うなぁ、という印象。
タケシも言ってたけど、何より今回は、シンジのドダイトスに教えて貰ったあの戦法を完璧にものにできたというのが大きかったと思う!
私の勝手な解釈としては、今回ハヤシガメを起用したのは、シンジのドダイトスに教わった戦法で、実際のバトルではどこまでやれるかを試したかったのではないかな、なんて。
今までだってかなり様になってたけど、あくまでも、こういう公式のバトル以外で、だったからなぁ。
そして今回、ジム戦・・・しかも、自分の苦手とするタイプのジムでこの戦法を活かせた。
これは絶対、ハヤシガメのバトルスタイルはこの方向でいいんだっていう自信に繋がったと思う!

ライバル(正確には、そのポケモン)に教えて貰った事でも、大切だと思えば素直に取り入れる。
サトシの強さはこういう所からもきてるんだろうな。
そんなサトシにスズナが一言。

スズナ「キミの気合が伝わってくる!」

・・・今、なんと仰いまして?
「キミの気合が伝わってくる!」・・・だと・・・?
何という素敵なセリフを言っちゃってるんだこの子は!
そんな某アフロ四天王の「キミの勢い感じる。熱い気持ち伝わってくる!」みたいなセリフ言われたら、思わず萌えざるを得ないじゃないか(笑)
このセリフでウッカリオーバを思い出しちゃったのは私だけじゃないと思いたい(笑)


一方、保管庫に潜入したロケット団。
結局いつも通り、穴掘って入っただけなんかい!
シンプルが一番ではあるけど、秘策と呼ぶには何ともおこがましい作戦だなぁ(笑)
秘策秘策言ってるけど、結局秘策らしい秘策は一つも出てきてないし(笑)


戻って、サトシ達の二回戦は、ムクホークVSチャーレム。
一回戦と違い、今度はセオリー通りのチョイス。
これは相手としては、サトシが何を考えてどんなポケモンを出してくるのか読みづらい展開ですね。
もしかしてサトシ、そういう心理的なものも狙って・・・?
いや、いくら今のサトシでもそれはないか(笑)

早速電光石火で突っ込むムクホークだけど、チャーレムの念力で地面へどーん。
いつも思うけど、アニメのエスパー技って強すぎるよね。
近寄ろうとした途端、動きを止められ相手の思うままに体を操られ・・・。
一体どうやって念力やサイコキネシスをかわせばいいのか、さっぱり分からない。
結局は、どの範囲までが有効かにもよるんだろうけど、とりあえず自分の近くに来たら念力で吹っ飛ばす、を繰り返してれば勝てそうな気がする(笑)

それより何より凄かったのが、ムクホークの燕返しを受け止めたチャーレム。
まもるとかみきりとか使った訳でもないのに燕返し受け止めるってお前・・・。
このチャーレム、何気に強すぎじゃないですか?(笑)

でもここからムクホークの反撃開始!
捕まって大接近したのをチャンスに変え、インファイトを繰り出すムクホーク。
おぉ!ここでインファイト使ってくるのか!
止められて怯むんじゃなく、それをチャンスに変えちゃうなんて素晴らしい!
そしてトドメにブレイブバード!
何というムクホーク最強技コンボ(笑)
サトシのムクホーク、本当に強くなったなぁ。


その頃スクールでは、ウブカタさんが生徒たちを連れて保管庫へ。
ポケモンの習性なんかに詳しいし、実はウブカタさんって教師向きだよね。
もちろん、トレーナーとしても大切な事ではあるんだけども。

しかし、中に入るとモンスターボールは空っぽ。
慌てて外へ出た所で、ひょっこり穴から顔を出したロケット団を発見。
何というタイミングのよさだ(笑)

前口上もそこそこに、ロケット団はスクール横の物置小屋へ。
あ!よく見るとノゾミがニャルマー保護してたところじゃないか!
こんな所に逃げ込んだら、それこそ逃げ道がなくなる気が・・・(笑)


またまた戻って、ジム戦三回戦は、グライオンVSユキカブリ。
相手の技食らったら4倍ダメージ同士の対決ですね。
これまたセオリー通りとは言い難いチョイス。
サトシは無意識かもしれないけど、今回は出す順番、本当に上手いなぁって思う。

グライオンは先手を取って炎の牙で攻撃!
しかしその直後、冷凍ビームをまともに食らってしまう。
一旦体制を立て直し、もう一度炎の牙で反撃を狙うが、ユキカブリの種マシンガン&凍える風コンボで相手に近づけず、残念ながら戦闘不能に。

ここからスズナさんの本領発揮って感じですね。
グライオンの技が物理技(接近戦)なのを考慮して、種マシンガンや凍える風といった特殊技で距離をとって近づけさせないとは!
どちらもダメージ4倍だけど、技が当たらない事には意味がないもんなぁ。

でも、グライオンも頑張った!
炎の牙決めた後、尻尾で相手を吹っ飛ばした動きは凄く良かったと思う。
少しずつバトル慣れしてきた証拠ですね。
最近はあまり泣かなくなってきたし、グライオンもかなり成長したなぁ。
泣かなくなったというのは、ちょっと寂しくもあるけど(笑)


代わってサトシが出したのは、切り札のヒコザル。
ここでもスズナの戦法にビックリ!
まさか火炎放射に凍える風をブツけて水蒸気で目眩ましとは!

サトシ「ユキカブリは必ず先に動く。その気配を感じたら火炎放射だ!」
目を閉じて気配だけを察知とか、神田の修行を思い出すなぁ。
あ、そういえばアーロン様とルカリオも似た様な修行してたっけ。

サトシの言うとおり、ヒコザルは目を閉じてユキカブリの気配を察知。
そして、ユキカブリがいるであろう方向へ火炎放射!
これ、いつも思うんだけど、皆よく分かるよね(笑)
ゲームなら命中率下げられたら結構高確率で外れるのに(笑)


何とかユキカブリを倒したサトシ達。
そしてついに、スズナの切り札・ユキノオーが登場!
このユキノオーが凄かった!
いや、凄かったっていうか、怖かった(笑)

ヒコザルVSユキノオー。
吹雪でヒコザルごと火炎放射をふっ飛ばしちゃうユキノオー。

一旦ヒコザルを引っ込めて、スピードのあるムクホークを投入。
燕返しを冷凍パンチで吹き飛ばしちゃうユキノオー。
前のダメージもあったとはいえ、ムクホーク、まさかの一撃ダウン。

続いてサトシが繰り出したのは、ハヤシガメ。
防御力の高いハヤシガメを、ウッドハンマー一撃でダウンさせちゃうユキノオー。

何というケタ違いの強さですかユキノオー姉さん。
吹雪出したときなんかもう、あまりの怖い顔に、「喝ーっ!!」って怒られてる気分だったぜ(笑)
怖かったといえば、スズナ&ユキノオーの腕組みアップも怖かった!
流石『雪の王』。
王という称号が名前に入ってるだけあってにじみ出る雰囲気からして怖ぇ・・・。
この時、完璧悪人面だったもんね(笑)


追い詰められたサトシは、再びヒコザルを投入。
スズナ「王道で決着をつけようってわけね」
王道で決着も何も、3体倒された今、もはやヒッコーしか出せるポケモンいないだけだよ(笑)
ここでピカチュウとかブイゼル出したら、それこそビックリだよ。
ルール違反もいい所すぎるよ(笑)

あ、ピカチュウといえば、今回は出場しなかったピカチュウだけど、所々でサトシを心配そうに見上げてるカットがあって、それがめっちゃ可愛かった!
険しい顔しちゃって、そんなにサトシが心配だったんですね!
こういうシーンって何か妙に癒されるんだよなぁ。


話を戻して、力の差は歴然で、逃げ回るしかできないヒコザル。
不謹慎ながら、ワタワタ逃げ回るヒッコーがめっちゃ可愛い!
マリリン(健気バトル回のゲスト)、やっぱり健気なバトルって萌えますね(笑)

萌えるといえば、ユキノオーの後姿が丸くてすごい可愛かった!
顔怖っ!なんて言ってたけど、こうして見るとかなり愛嬌ある姿だよね(笑)


そしてここからサトシ&ヒコザルの反撃開始!
氷の欠片に乗り、フィールドを滑るように移動しながら、ユキノオーに火炎放射!
1回戦のニューラの動きから咄嗟にこんな方法を編み出しちゃうとは流石サトシ!
こういう突拍子もないアイディアこそが、サトシならではのバトルですね。

初めてなのに、すぐ氷のボードを自在に乗り回しちゃうヒコザルもスゴかった!
流石お猿さんだけあって、やっぱり運動神経抜群なんですね。
なんか金○雲を乗り回す某お猿さんを思い出させる光景だなぁ(笑)

「あの動き、まるでコンテストバトルみたい!」

↑ヒコザルの動きを見たノゾミの一言。
これ、何気にすごく重要な意味があると思う。
コンテストバトルを実際にやった経験があったからこそ、これを思いつけたんじゃないかな、なんて。
前にサトシがコンテストに参加した意味が、ついにここで発揮されたって感じ。

コンテストバトルは基本的には『魅せるバトル』っていうけど、要は発想力が鍵なんだよね。
どうやってポケモンの魅力を引き出すかは、ポケモンの特性だけでなく、フィールドやその日の天候など色んな要素も踏まえて考えなければいけない。
そして、相手の技をどうやって利用するかという咄嗟の判断。
サトシの様な豊富な発想力が重要になるバトルをする子にとっては特に、コンテストバトルに参加するというのは凄く良い経験になるのかも。


氷のボードに乗ったヒコザルに振り回され、ユキノオーもついに疲労困憊。
そしてトドメにヒコザルの火炎車!
ユキノオーも吹雪で応戦するものの、これには耐えきれずついにダウン!
力の差はかなりあったはずなのに、勝っちゃうなんてすごい!
今回はアイディアの勝利ですね!

余談ですが、サトシがヒカリ達に手を振ってるシーンで、サトシの肩に乗っかるピカチュウ&足にしがみついてるヒコザルがもんのすごく可愛かった。
何あの可愛い光景!
可愛いポケモン2体も体につっくけてるサトシが羨ましい(笑)


その頃、物置小屋に閉じこもったままのロケット団は、そろそろ穴掘って脱出しようと計画。
しかし、ウブカタさんのスカタンクがニャルマーよう出入り口から中へ新入。
そして、臭い一撃をブゥ~(笑)
思わずボール置いて逃げちゃうくらい臭いのか・・・。
ここまで強烈だと、逆にどこまで臭いのかちょっと気になるかも(笑)


戻って、キッサキジム。

グレイシャバッジゲット、おめでとうサトシ!!

サトシを中心にポケモン達がジャンプしてるシーンに、ブイゼルがいないのが何気に寂しい・・・。
いや、今回出てないから仕方ないんだけどさ・・・。
でも6匹揃ってると、1匹だけハブられた感じがして妙に切ない・・・(笑)


そして、最後の最後で衝撃のワンシーン。

シ ン ジ 。

ちょっ・・・えええええ!?
いや、そろそろかとは思ってたけど、まさか今回の最後に出てきちゃうとは!
ジムバッジ貰って、バイバーイって雰囲気だったのにまさか・・・まさか・・・。
シンジっていっつも急に出てくるなぁ(笑)

シンジ、キッサキジムはまだ挑戦してなかったのか。
サトシより先に旅だったから、てっきりもうゲットしたのかと・・・・・・あ!
そういえばスズナさん、「久しぶりの挑戦者」って言ってたっけ!
一体どこで何やってたんだシンジ。

あと、どうでもいいけど君、こっち向かってくる時、サトシをガン見しすぎです。
なのに、サトシが話かけてもスルーしてスズナさんに話しかけちゃうという天の邪鬼っぷり。
流石シンジ(笑)


そして、さらに衝撃は続く。
次回はシンジがキッサキジム挑戦か、なんて思ったら、まさかのジンダイさん登場!

っていうか、シンジVSジンダイさん回!?

うおおおおお!つつつついに来てしまった!
この日を一体どれだけ待ち望んだか・・・!

『シンジとジンダイ ふたりの関係とは!?』
親子以外に何があるってんだバカヤロウめ(笑)
兄が勝てなかった父を倒すべく立ち上がった弟!
ふおっふ!考えるだけで興奮してきた!


そして、まだ終わらない衝撃。
あまりの興奮に、もう一度巻き戻して更にビックリ。

何やってんのレイジさん・・・!!

あまりにナチュラルにシンジの横にいるから、思わず一回見逃したぞ(笑)
レイジさんまでいるって、ますます親子説が強くなってきたぞ。
親子説、ほぼ確定って事でOK?(笑)


オマケに、ノゾミとシンジが会話してるシーンまであった!

もう何コレ・・・何なのこのサービス・・・。
来週はアニポケ見て昇天しろって事ですか?
死ねる・・・絶対に色々と死ねる・・・。


なんかもう、早く見たくて今から意味なく焦ってしまう(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2009/07/14 23:06】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<ミナキさん | ホーム | お知らせ>>
コメント
>kivaxtuto様
おぉ!小学一年生とかてれびくんには、そんなポケモン情報が載ってるんですか!
子供向けと侮ってましたが、なかなかいい仕事してますねぇ( ̄m ̄*)

でも、小学一年生の方は、必ずしもアニメと同じ展開になる訳じゃないんですね。
ネタバレを求めてる人にはちょっとアレですが、それはそれで、オリジナル展開っぽくて面白いかもしれませんね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/10/03 01:02】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
自分は小学一年生やてれびくんを買っているのですが、
理由はてれびくんには今月の放送予定、
小学一年生では一部の話の漫画ネタバレと侮れないからなのですが、
小一の方は必ずしも正しい訳ではなく、
小一情報ではヒコザルはこの回でモウカザルに進化しピンチを脱しました。
【2011/09/29 12:12】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
>kivaxtuto様
とんぼ返りやバトンタッチなど、技とはいえ、自発的に入れ替えるのはちょっと微妙ですが、吠えるや吹き飛ばしなど、チャレンジャー側から強制的に交代させられるなら、それは大丈夫だと思います。
それが、チャレンジャーの『戦法』なんですから。
今まではそんな描写が一度もありませんが、ゲーム界では普通に皆やってる事ですし、是非チャレンジャーによっての強制交代という場面も見てみたいですね(^^)

ジムリーダー達との再戦。
『再戦』となると、ゲームでの再戦同様、ジムリーダー達だって今まで以上に強くなっているのではないかと思います。
また、一度サトシと戦っていて、サトシを覚えているのならば、サトシの癖や欠点なんかを見抜いている人もいるかもしれません。
そう考えると、いくらサトシが強くなったからといっても、一概に「楽勝」、「絶対に勝てる」とは言えないのではないでしょうか。
ましてや相手はジムリーダー。
『相性だけで乗り切れる』なんて断言はできませんから、きっとこれまで以上に厳しい、それでいて良い試合になるんじゃないかと思いますよ。

では、コメントありがとうございました☆
【2010/11/12 14:44】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
DPのサトシは頻繁にポケモンの入れ替えを行っていますが
ジムリーダー側はチャレンジャー側とは違いポケモンの入れ替えは出来ないですが
やっぱ「吠える」は例外として扱われるのですかねぇ~
(ポケモンを入れ替えた為に反則負けなんて事にはならないはずですし)
もしそうならポケモンを入れ替えられない技や特性を使うジムリーダー対策として
チャレンジャー側が使う描写を見てみたいですねぇ~

そういえばポケモンのリセットを行い手持ちの進化の割合が無印よりも高いAGやDPで
「最終的なの面子でジムリーダーと再戦しら楽勝かな」なんて思います?
(例えばツヅシ戦でジュカインとヘイガニを使ったらとか
トウキ戦でオオスバメを使ったらとかナギ戦でオニゴーリを使ったらとか
フウとラン戦でジュカインとヘイガニを使ったらとかアダン戦でジュカインを使ったらとか
ヒョウタ戦でドダイトス、ブイゼル、ゴウカザルを使ったらとか
ナタネ戦でムクホーク、ゴウカザル、グライオンを使ったらとか
スモモ戦でムクホークやゴウカザルを使ったらとか
トウガン戦やスズナ戦でゴウカザルを使ったらとか)
【2010/11/11 18:14】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
>toshiki様
7個目のバッジゲット、本当におめでたいですよね(*´▽`*)
残るはデンジただ一人!

デンジは電気タイプなので、相性でいけばハヤシガメ、グライオン、ピカチュウの3体ですよね。
もし4VS4だとしたら、オクタンなら氷のアクアジェットも夢ではありませんし、是非ブイゼルの活躍に期待したいところです(≧▽≦)ノ

デンジは最後のジムリーダーだけあって、一筋縄ではいかないと思いますが、また皆で力を合わせて頑張って欲しいですね(^^)
【2009/07/23 15:40】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
サトシ、7個目のバッジゲットしましたね!
さあ、残るジムリーダーは、あと1人、デンジですね。ナギサジムも4VS4になると思います。
電気タイプの相性で考えるなら、サトシの使用ポケモンは、グライオン、ハヤシガメ、ピカチュウで、デンジの残る1匹がオクタンなら、ブイゼルになると予想しています。原作のオクタンは氷技のオーロラビームを持ってますが、ゲームだと凍りませんね。でも、アニメなら、水を凍らすほど冷たいと思うので、ブイゼル、氷のアクアジェットが完成出来ると予想しています。
次のデンジ戦に期待が出て来ました。
ブイゼル、ナギサジムに出るといいですね。
【2009/07/22 18:56】 URL | toshiki #GAkJEmLM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/931-55822f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。