おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
劇場版NARUTO 火の意思を継ぐ者
旅行の疲れも取れないままだけど、友人とナルト映画観てきました。
続きから簡単に感想です。
ネタバレも含むので、まだ観てない方はご注意を。


【劇場版NARUTO 火の意思を継ぐ者】


●あらすじ
雲、岩、霧、砂の四国の里を守る血継限界を持つ忍が消えた。このままでは唯一被害を免れている火の国が事件の黒幕とされ、第四次忍界大戦の引き金となりかねない。火の国の大名に真相の解明を命じられた五代目火影・綱手はあらゆる犠牲を強いてでも里を守ることを決意する。時を同じくしてカカシがナルトに「後を追うな」の伝言と、思い出の「鈴」を残して木ノ葉の里より消えた。信念と掟の間に挟まれたナルトのとった行動は…。(GYAOより)



入場者プレゼントは、カカシ先生の写輪眼Verでした!
カカシ先生ファンとしては凄い嬉しい!
全員カカシ先生Verだったので、友人はナルトVerが欲しかったとぼやいてたけど(笑)


さて、本編の方はアニメの方も織り交ぜられた感じのストーリーでした。
原作はジャンプで読んでるんだけど、読み出したのめっちゃ途中から&コミックは持ってないので、所々チンプンカンプンな所も。
でも、カカシ先生の過去話は原作でバッチリ読んだので、何とか付いていけたかな。

今回はカカシ先生中心のお話って事だったけど、どっちかっていうと、ナルトとシカマル中心のお話だった気がしないでもない。
とはいえ、カカシ先生の出番も多かったし、ファンとしては嬉しかった!


ルールや掟をやぶるヤツはクズだ。
でも、仲間を大切にしないヤツはそれ以上のクズだ。


ナルトがカカシ先生から教えてもらったこの言葉。
上映中、ずっと言い続けて、信じ続けてた想い。
これは本当に名言だと思う。

正直言うと、今回のナルトの行動は軽率かつ無謀だと思う。
勝てたからいいものの、もし負けてたらもっと多くの犠牲者を出してたはず。
そういう意味で捉えれば、シカマルや綱手様の意見の方が断然正しい。

だけど、ナルトが劇中に叫んでた事。
一人を犠牲に皆が幸せになる事が本当の幸せなのか。
カカシ先生がいなくなって悲しむ人達は、本当に幸せになれるのか。
カカシ先生を犠牲にした歴史を知る子供達は、本当に幸せなのか。

これは本当に難しいテーマですね。
アレン(@Dグレ)も言ってたけど、『救えるなら、皆救いたい』んだよね。
でも、これまたDグレで神田が言ってた『犠牲があるから救いがある』という理屈も分かる。
どっちの気持ちも分かるし、どっちも間違ってない。

どう行動するかは、最終的に自分が決めなきゃ行けない事で、答えなんてない。
だからこそ、ナルトもシカマルも思いのままに、自分の意思で動いた。
その結果、今回はナルトの思いの方が強かったってだけで、シカマルだって間違ってないんだよね。
意見と意見のぶつかり合い。
こういう場合は、結局最後まで自分の意思を貫いたもん勝ちなんだよね。
うーん・・・考えれば考えるほど深いなぁ。


あと、見所としてはやっぱりナルトの同級生達が大勢出てた所ですね。
一人一人ちゃんと見せ場があったのが凄く良かった!
ネジも好きなので、ネジの活躍が見れたのは嬉しかったなぁ。

ただ、キャストが多すぎる為、これからが本番って所で尻切れトンボになったのはちょっと残念。
どうせならもう少し皆の活躍も見たかったんだけど、時間的には仕方ないか。


そうそう!キャストといえば、今回のラスボス・卑留呼の声が保志さんだったのにはビックリ!
どっかで聞いた事あるなーと思ったら、まさか保志さんだったとは!
EDテロップ見るまで気づけなかったのが悔しい・・・orz


そして、最後の最後で、まさかのカカシ×ナルト疑惑。

何この腐向けサービス展開(笑)
スタッフは一体何を狙ってるんだ。

でも、大変申し訳ない事に、腐ってるくせに、何であの場面でカカナル疑惑が浮上したのか理解出来ずに真剣に悩んでた奴がここに一人・・・。
友人達はキャーキャー言ってたけど、私は本気でわかんなかったんだよ。

私的には、ナルトの成長を感じ、ナルトを見て優しく微笑むカカシ先生に普通にキュンキュンしてたんだけど、もしかして問題はこの微笑ですか?
まさかこれがカカナル疑惑への伏線だったの?
それとも、私が見逃した&聞き逃した素敵なカカナル発言&行動でもあったというんですか?
うああああ!めっちゃ気になる!もう一回見たい!(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:NARUTO | ジャンル:アニメ・コミック]

【2009/08/16 23:58】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<第187夜 Party and Party 感想その1 | ホーム | 白浜旅行2日目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/965-e2b4c635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。