おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ウルヴァリン
昨日の今日でまだ悲しさは抜けないけど、気分を一転し、友人と映画に行ってきました。
前から観に行く約束してた『ウルヴァリン』。
X-MENシリーズが元々好きだったので、凄く楽しみにしてた作品。

ネタバレ含むので、感想は続きから。


【ウルヴァリン : X-MEN ZERO】


●あらすじ

兄弟同然に育ったローガンとビクターはある事件を機に家を出て、様々な戦争に身を投じてきた。しかし、ある特殊部隊に所属中にローガンはビクターと決別。山奥で愛する女性ケイラと穏やかに暮らそうとするが……(シネマぴあより)


──────────


これは最近見た映画で一番当たりだったんじゃないかと思う!
・・・あ、アニメ以外の中でね(笑)


今回のお話は、ウルヴァリンが一体どうやって誕生したのかを描いた作品。
ウルヴァリンの爪の秘密や、何故記憶がなかったかなど色々と明らかになって、凄く見応えあった!
実験によってあの爪を手に入れる前は、爪というより、角とか骨って感じだったんですね。

さらに、X-MENに出てくる人たちもちょこちょこ出演してて、あぁこういう風に繋がるんだと納得。
X-MENから見てる人にとっては、こういう演出は嬉しいですね!

とはいえ、今回はウルヴァリンがX-MENとして活躍する以前のお話。
X-MEN達がまだ集結してない頃なので、X-MENを知らない人でも普通に楽しめると思う。
私自身、X-MENは見た事あるけど、内容全てを覚えてるわけじゃなかったし、登場人物の名前や能力なんかも結構抜けてたんだけど、かなり面白かった!

ストーリーの方は、時間的なのもあって展開は早いんだけど、よく作りこまれてたと思う。
能力者同士の戦いや、ウルヴァリンVSヘリコプターなんかの豪快なアクションシーンは本当に爽快!
迫力満点で、始終ドキドキワクワクさせられました。


本編の方はまず、ウルヴァリンこと、ローガンが少なくとも150歳以上である事にビックリ。
見た目に反してかなり年取ってるとは知ってたけど、そっか・・・そんな年上だったんだ・・・。

同じ脅威の回復能力を持つ兄・ビクターと共に、戦場で生きてきたウルヴァリン。
オープニングで、背中合わせで戦う兄弟が物凄くカッコいい!

でも、次第に凶暴化する兄に疑問を抱くようになり、決別。
ビクターはウルヴァリンよりもかなり野生的、かつ、戦場を好む趣向なんですね。
人を殺してるのに楽しそうに笑うビクターが怖かった・・・。

しかし、愛するケイラと穏やかに過ごしていたウルヴァリンの元に、ビクターはやってきた。
ケイラを殺された怒りから、ウルヴァリンは以前所属していた組織の実験を受ける事を決意。
こうやってウルヴァリンはあの爪を手に入れたんですね。
この実験ってのがまた痛そうで痛そうで・・・。
苦しむウルヴァリンが見てられなくて、思わず目を細めてしまったくらいです。

それでもウルヴァリンはケイラの為にと我慢した。
でも実際は、組織が最強のミュータントを作り出す為の実験体として利用されただけ。
それを知ったウルヴァリンは、組織から逃亡。
ビクターを探して、組織の『島』へ行き、そこで自分が騙されていたと分かって・・・。

復讐は選択を誤らせるっていうけど、ウルヴァリンも結果的には選択を誤ったのかな?
結局ケイラも組織に脅されてただけで、生きてたんだもんね。
でも、ケイラとの愛が本当だと分かったんだから、一概に間違いではない気がする。
ウルヴァリンにとったら、それが一番大切なことだったんだもんね。

最後は組織が生み出した最強ミュータントVS兄弟!
ずっと敵対してたはずなのに、いざという時は力を合わせて戦う二人がいいですね。
敵対するまではずっと一緒だったから、息もピッタリ!

協力する理由が、どちらも『お前を殺すのは俺だ』ってのも、この二人らしくて何だか妙に納得。
お互い死ねないと分かってても、引き下がれない。
もはや単なる意地にしか過ぎないんだけど、二人にとっては凄く大切なことなんだろうな。

でも内容の大半を要約すると、結局は壮大過ぎる兄弟喧嘩って事なんですね(笑)
妙にリアリティ溢れてるなぁ(笑)


笑えたといえば、スッポンポンで納屋に逃げ込むウルヴァリンにも笑わせていただきました。
いや正確には、逃げ込んだウルヴァリンというより、それを見た老夫婦の会話に。
何か妙にツボって、しばらく笑いを堪えるのに必死だった(笑)


そういえば、ウルヴァリンの続編も製作決定したとか。
おめでとうございます!
次の舞台は日本も出てくるみたいなので、凄く楽しみ!
続編も、是非観に行きたいと思います。


スポンサーサイト

[テーマ:映画感想 | ジャンル:映画]

【2009/09/19 23:55】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<郡上八幡 | ホーム | どうか安らかに・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/999-22a99e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。